プロフィール

くぼけん

Author:くぼけん
キーストンスタッフくぼけんです。
エギング、シーバス、アジング、船釣り、磯釣り、投げ釣り、オフショア・・・
釣りならなんでもこなします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最近の記事

2017.04.19    カテゴリ:  釣行予告 

   接岸目安の16度

昨日の海面温度実績


sstD_EC20170418.png

ようやく長崎平戸が、アオリ接岸の目安となる

16度になってきました。

崎戸大島方面は17度。


松浦~呼子~糸島~北九州は現在15度。




諸説ありますが、16度になるとアオリの行動が活発となり

産卵に向けた捕食活動、それに伴い冬場を深場で過ごした個体が接岸し始めます。



ここ数日、天気が荒れに荒れてましたが、今晩から凪になる予報ですね。

さすがに家族持ちのわたしは、翌日仕事の時は

前夜の釣行はできませんが、今からちょっと時間できたので

短時間勝負で行って参ります。


平戸に行くか、西海方面に行くか

現時点でも悩んでますが。。


エギング自体は1月末に行って以来なので2か月半ぶり。

次回いつ行けるかわからないので、短時間集中してしゃくってきます。


今年は、アオリイカの成長がよさげなので

2キロ出したいですね。


がんばってきます。

スポンサーサイト

2017.04.08    カテゴリ:  イベント 

   試しに500円OFFクーポン←終了

いよいよ春の大型アオリイカ エギングシーズンですね(^^)

しゃくりに行きたくても、公私共に忙しく

まったく釣りに行けず、ウズウズしている今日この頃ですが

すでにご存じの方も多いと思いますが

現在、キーストンの通信販売サイトは、システムの入れ替え中につき

メンテナンス中となっております。m(_ _)m


通信販売ご利用の方は、楽天市場内にございます直営ショップ

「キーストンDS楽天市場店」
http://www.rakuten.co.jp/keystone-ds/

をご利用ください。


logo-s3.jpg




楽天市場内にショップを出して、すでに1年以上となりますが

ようやく仕組みを理解してきた今日この頃(笑)

楽天市場でのショップでは、いろんなことができるのですが

その中の1つにクーポンがあります。

果たして、どれくらいの効果があるのかわかりませんが

何事も、試してみなければということで



このブログをご覧いただいております方のみ

シークレットクーポンを用意してみました。


クーポンが利用できる期間は

2017年4月8日(土)18時:00~2017年4月10日(月)23:59まで ←終了しました。m(_ _)m

――――――――—―――—―――――――――—―――—――――――――—――—
※追記

予想した以上に、クーポンを獲得された方がいらっしゃいました。ありがとうございます。
今後も、不定期にクーポン企画やりたいと思いますので、お見逃しなく!!
――――――――――—――—―――――――――――――――――—――――—―

楽天市場の会員でないとご利用できませんので、ログインした状態で

下記のURLをクリックするだけでクーポンGETできます。

――――――――――――—―――――――――――――――—―――――――――――――—―――—――—
シークレットクーポン企画は終了しましたm(__)m
――――――――――――—―――――――――――――――—―――――――――――――—―――—――—

3,000円以上のお買い物で使える500円OFFクーポンです。

他のクーポンとの併用はできませんのでご了承ください。

おひとり様1回限り!


ぜひご利用ください。

2017.04.06    カテゴリ:  釣行記(船) 

   さくら丸さんでタイラバ、ティップラン

2か月ぶりの釣りへGO(笑)




行って参りました いつもお世話になってる仮屋湾より出船のさくら丸さん。


11_20170406161734827.jpg


この日はベタ凪なのに、爆風の南風で

非常に苦戦しましたが


17759935_1935889846657100_5938955183039780296_n.jpg

タイラバマスターの稲田さんは、70cmの大ダイを。

さすがとしかいいようがありません!!


ハヤケン氏も負けじと

17759914_1935889873323764_5760611489414294611_n.jpg

良型ヤズ!


私は、唯一のあたりを見逃さず

17796141_921912917911072_5500520939270400178_n.jpg

良型アコウ。



水温も思ったほど上がっていなく

壱岐沖で14,8度ほどでした。

やはり、16度くらいまであがってくれないと、なかなか厳しいですね。



その後、釣果は固い?はずのアオリ狙いへ。



まずは50mラインから。










アオリの反応ナシ。


じゃー30mへ。










アオリ反応ナシ。


じゃー20mラインへ。











アオリ反応ナシ。



じゃー10mラインへ。










アオリ反応ナシ。


じゃー3mラインでキャスティング。


アオリ反応ナシ。










アオリは、どうやって釣ったらいいのでしょうか(泣)




さてこの日の釣果は

17796340_1935889843323767_1547583896678270106_n.jpg

こんな感じ。

この日は、噂のレムアイスで持って帰りました。

17800445_921912887911075_1991558381459225388_n.jpg

レムアイスに海水を入れ、海水氷の状態で家に持ち帰り

神経絞めはしているものの、さすがにマイナス0.8度のレムアイス海水氷の中に

入れたら、死後硬直が早まってしまうのではと思ってましたが

神経絞めのあと、この海水氷に入れ5時間くらいまでは

硬直することなく、保存できていました。


ということは、当日食べる分も翌日以降食べる分も

分けることなく、このレムアイス海水氷に入れて持ち帰っても大丈夫ということですね。


ハヤケン氏が釣った、ヤズをもらったので

さばいて食べてみると、さすがに身はブリだけにブリブリしてました(笑)

17799410_921912791244418_8999963557058528699_n.jpg

あんまり脂はのっていなかったので、残りの半身は

しばらく熟成させてみたいと思います。


まだ、小鯛とアコウは内臓処理しない状態で

レムアイス海水氷の中ですので、氷の溶け具合をみながら

今日もしくは明日にでも食べようかと思います。


釣った当日に内臓処理しなくていいのは、レムアイスだからこそですね。


レムアイスについては、前回の記事をご覧ください。↓

http://kuboken03.blog.fc2.com/#a519

2017.03.19    カテゴリ:  未分類 

   釣った魚は「レムアイス」で保冷し熟成

キーストンの神経絞めは

「おいしい魚を食べてもらいたい!」

そんな思いで製造、販売しておりますが

同じ思いの氷メーカーさんと先日お会いしました。




その名も「レムアイス」という氷。




直径約1ミリの円形状の氷。

特徴をお聞きすると、なるほど!と思うことが多く

釣り人、遊漁船に普及すれば、いいな~と強く感じました。



この日、トラックに奄美産のカツオが入っており

海水を入れたレムアイスに浸かっていたのですが

水揚げしたのは、なんと5日前。

今から東京築地に運ぶとのことで

末端の消費者に届くのは約1週間後。

17361812_905899016179129_8457569426517203346_n.jpg

足の早い(腐るのが早い)とされるカツオだが

ほんとに大丈夫なのだろうかと思って半信半疑。

お腹壊したくないので(笑)


一番わかってもらうには、食べてもらった方がいいとのことで

2尾頂いて帰りました。



その日は、時間が取れなかったので翌日の水揚げから6日後にさばいて

刺身、たたきで食べましたが



17361993_905899049512459_4322366428479978147_n.jpg

驚きだったのは、6日間もたってるのに

血合いの部分も内臓もきれいで

尚且つ、おいしかったこと。



水揚げから、1週間でも鮮度を保てる理由

それは、「マイナス0.8度」での保冷をするから。

凍るか凍らないかぎりぎりラインで保冷することで

腐敗の早い血や、内臓での細菌の繁殖を抑えることが出来るとのこと。



またこの氷は、直径約1mmの円形の氷で、氷だけだと溶けにくいという特徴がありながら

溶けやすいという特徴もある。


相反するようにも思えるが、例えば魚をレムアイスで保冷する場合

レムアイスに魚を投入すると、魚の体温を瞬時にマイナス0.8度まで下げるが

その際だけ、氷は魚の体温を奪うので溶けやすくなる。

一度、魚の体温がマイナス0.8度まで下がれば、その後氷は溶けにくい。


通常のバラ氷を使用した海水氷だと、氷が浮いてしまい

下の海水部分は、想像以上に冷えていない。

バラ氷や、板氷だけだと魚の体温は、全く下がらない。

なので、雑菌が繁殖し腐敗が進行する。


17265294_905899069512457_7434419481380904090_n.jpg

手を、この氷に入れてみると写真のように手にまとわりつく。

手の体温を急激に奪うので、手がしびれるほど冷たい(笑)

当然、魚を入れるとまとわりつくので全体の体温を瞬時に下げる。


おもしろかったのが、一晩氷を持たせるために

凍った保冷剤を入れ、丸一日たってから保冷剤をあげると・・・



17352540_905899079512456_8948094677171547953_n.jpg

かっちかちやぞ!!!


なんと、保冷材は一切溶けてませんでした。

これには、さすがに驚きました。

通常バラ氷に、保冷剤を入れると一晩もすれば溶けてますが

これは溶けていない。


この氷の使用方法は、海水を氷にまぜ海水氷にしてから使用します。

脳絞め、神経絞め、エラ切りだけ行い

その後、この海水氷に漬ければ、瞬時に体温を下げ

じわりじわりと血が抜けていく。



よく「魚の鮮度=刺身で食べた時の歯ごたえ」と思われがちだが

確かに間違いではないが、その歯ごたえは釣ったその日から翌日が限界であろう。

この歯ごたえを楽しみたければ神経絞めをし、あまり冷やし過ぎないのが絶対条件であるが

ここ数年の熟成刺身ブームで、3~10日ほど寝かせて

うまみ成分を増やしてから食べる そんな方も増えてきた。


熟成させる場合、重要なのが腐敗の早い内臓を

早い段階で処理をするということ。


しかし、このレムアイスを使用した海水氷に浸すと、雑菌の繁殖を抑え

腐敗を遅らせることができるので、この「早い段階での内臓の処理」

をしなくてよくなる。


釣りに行って、疲れている中、その日のうちに

魚の内臓をすべて処理するのは非常に大変な作業。

レムアイスを使えば、その内臓処理を、翌日以降の食べる場合に行えばいいということ。


1日、2日、3日と経てば、身は熟成され旨みは増す。


そんな特徴の氷が「レムアイス」です。


まだまだレムアイス専用の製氷機は全国に数台しかなく

通常のバラ氷のように普及するには時間かかると思いますが

非常に魅力的な氷なのは間違いない。

雑菌の繁殖を抑えることが出来るので、廃棄も減り

漁獲地から遠い場所での消費も可能になる。

釣った魚を遠方に住む友人、家族に送る際の使用も効果的だろう。


今後、この氷の流通を考え、釣り人(遊漁船)向けの使用方法等

様々な検証をしていきたいと思います。



イカには、あまり向いていないようですが(^^;

2017.03.09    カテゴリ:  イカ用トロ箱 

   アルミ製イカ用トロ箱マルチプレート詳細

先日、ご案内していました アルミ製イカ用トロ箱マルチプレート。

詳細が決まりましたので、ご案内します。


title2_20170309093528fba.jpg

今回のマルチプレートは、新規性が認められそうで

意匠登録出願済です。


考えに考えた形状で、微調整を繰り返し、ようやく発売まできましたので

今回はパクらないでくださいね m(_ _)m  苦笑


10.jpg



役割は2つ。


「フタとして使用」

11_201703090935310a2.jpg

アルミ製イカ用トロ箱発売時より、フタの販売を希望される方が多く

個人的には当時、あまり必要ないのではと考えていましたが

使えば使うほど、フタの必要性を感じてきました。


08_2017030909430147a.jpg

写真のようにある程度、トロ箱がイカでうまってしまった場合

上部のトロ箱に入れているイカは、クーラーの開け閉めが多くなると

なかなか冷えづらくなる。

先日の記事で書いた通り、アルミの熱伝導は

同じアルミであれば外気にあまり影響を受けることなく伝導していることが解析によりわかったので

このマルチプレートを使用することで、しっかりとイカを上部からも冷やすことが出来る。


また、マルチプレートを使用することでプレートの上にモノが置けるようになる。

食べ物、飲み物はもちろん、夏場の高温期に上部に保冷剤を置き

より効率的に冷やすこともできるようになる。



もう一つの役割「底上げとして使用」

12.jpg

フタのご要望を頂く中で、もうひつとつ悩みの種だったのが

氷の溶けた水による浸水でした。


釣っている最中は、極端に氷の溶けは無いし、水栓を開けとけば排水できるので

イカが浸水することまではないが、釣り終わりから寄港し、車で帰宅、帰宅後寝ている時間の(5~8時間)

の間に氷の溶けが進行し、いざ食べようとする時には

下段のトロ箱が浸水していることが、夏場に何度かありました。

その為、浸水対策としてペットボトルを凍らせ下に敷いたりしていましたが

片側に寄ってしまい、もう片側が斜めになり浸水していたり・・・


この浸水対策を何とかしなければと思い

ご要望の多かった「フタ」としての役割と「底上げ」としての役割

2つの役割を果たす、マルチプレートを考えました。


一部、お問い合わせいただいていた方には、昨年6月から夏場にかけて

発売出来そうですと、ご案内しておりましたが

意匠登録書類作成に時間がかかり、ここまで遅くなってしまいました。m(_ _)m


今回のマルチプレートは、トロ箱本体と同様に

腐食に強い「アルミ合金A5052」を素材に採用し

更に耐食性を上げるため「アルマイト処理」を施しています。


金額等の詳細は下記となります。

―――――――――――――――――――――――――――
・Sサイズ用マルチプレート:価格:税別¥5,200(税込¥5,616)

・Mサイズ用マルチプレート:価格:税別¥5,700(税込¥6,156)

・Lサイズ用マルチプレート:価格:税別¥6,200(税込¥6,696)
―――――――――――――――――――――――――――

3月中旬から下旬発売予定です。

現在ご予約承り中です!


よろしくお願い致します。


Copyright © キーストン くぼけんブログ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog