プロフィール

くぼけん

Author:くぼけん
キーストンスタッフくぼけんです。
エギング、シーバス、アジング、船釣り、磯釣り、投げ釣り、オフショア・・・
釣りならなんでもこなします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

2014.03.08    カテゴリ:  早福型 

   2014年 夜焚きイカ釣り

さ~夜焚きイカ釣り、始まりましたよ!




早すぎでしょ?




まだ3月だよ?




ケンサキなの?






という、声が聞こえてきそうですが


3月から、地域によってはイカ釣り漁師さんは、ケンサキイカ漁に出られています。


もちろん本格シーズンは、まだまだ先ですが。



3月からスタートし6月くらいまでは、良型揃い。

DSC_1338.jpg

昨年、漁師さんとの情報交換のために

港を訪れた時に撮った一枚。

ここに写っているのは、ほとんどが胴長35cmオーバーのパラソル級ばかり。

ちなみに、船一隻でこの量です(^^; 活イカ出荷分は、これまた別。汗



この時期に、圧倒的釣果を出すのが、早福型。

2013062506.jpg

ケンサキイカは、サイズが大きくなればなるほど警戒心が増すと言われています。

「早福型ばかりに、大型がHITした」

と、よくお声を頂くのですが、ただ単にエサが乗っているから良型が釣れ易いだけではないと

考えています。発光であったり、バランスであったり、フォール速度であったり・・・



2014年の、夜焚きイカ釣り 漁師さんはいよいよスタートしました。

今年は、この早福型を使って、いろんな攻め方をしようと考えています。


良型狙い、連掛け、べた底、表層・・・


夜焚きイカ釣り専用エギの開発も進めなければいけません。


ワクワクしますね。
スポンサーサイト

2013.07.20    カテゴリ:  早福型 

   チェイスしてくるイカをイカにして釣るか続編


チェイスしてくるイカをイカにして釣るのか 続編。

前回の記事は↓より

http://kuboken03.blog.fc2.com/blog-entry-223.html



前回の記事は、あくまでも底付近でかけて、ゆっくり巻き上げてくることで

連掛けを狙おうという釣り方。

今回お試しいただきたいのが、チェイスしてきたイカのみを効率よく釣る釣り方。




下記の仕掛けをセットして

20130707.jpg


水深5~10mに、放置してみてください。

何もしなくても、おもしろいように・・・


アクションは不要です。

浮きスッテよりも、エサ巻きの早福型が効果大です。


ただし、釣れる条件があります。

それは、同船者の誰かがHITさせ、巻き上げてきている最中に

チェイスしてきているイカが、いれば かなりの確率でHITします。


もし、電動タックルと、一つスッテタックル 2つのタックルで攻める場合は

電動タックルに、上記の仕掛けをセットして、5~10mに放置。

すぐ横で、一つスッテゲームで攻めると

HITしたイカを、船上に上げようとしている時に、隣の放置していた

電動タックルにHITすることも、しばしば。


5~10mの水深に、居ついているわけではなくて

HITしてきたイカをチェイスしてきているからこそ、この水深で釣れるのです。


HITしたイカを、釣り上げると

チェイスしてきたイカは、海底へ逃げて行っているように思います。


ぜひ、こっそり お試しください。

2013.07.07    カテゴリ:  早福型 

   チェイスしてくるイカをイカにして釣るか

先日、平戸のイカ釣り漁師さんの船での弟子入りの際に

衝撃を受けたことが一つあった。


特殊な釣り方であり、詳しく書くことができないが


その考え方、釣り方、釣果は 驚きの連続であった。



「HITしたイカの後ろに、でかいイカがチェイス・・・」


エギングをされる方なら、経験あるのではないだろうか。

このチェイスには、2通りの考え方ができる。


(1)ペアリングしていたメスが、エギを抱いたため、一回りでかいオスがチェイス

(2)「エサがある」「エギを横取り」の為、一回りでかいオスがチェイス


(1)の場合、チェイスしているオスは、HITしているメスを追っていることが多く

別の人が、狙っても エギに反応しないことが多い。


(2)の場合、「エサがある」と思っているため、高活性。即抱き。

DSC01782.jpg

DSC01744.jpg

今まで、ダブルヒットの経験も何度かあるが、同時にHITしたというよりも

エサを横取りしようと、ワンテンポ遅れてもう1匹が抱くことが

多いように思う。

これもそう。

579398_310998612362631_983647714_n.jpg

沖縄の赤侍氏が釣った、衝撃のダブルヒット。

4130gと2440g 合計6570g


これは、どちらもオス。

おそらく2440gが捕らえたエギを、横取りする為

4130gが、ワンテンポ遅れて抱いたと推測できる。




前置きが長くなったが、夜焚きイカ釣りでも同じことがいえる。


真下から、仕掛けを回収してくるので、チェイスしてきているかどうか

確認するのは難しいが、漁師さん曰く かなりの確率で追ってきているらしい。


しかも、アオリと同じように、サイズがデカいのが追ってくることが多いとか。


だが、上記の写真のように、ひとつのエギに2ハイかけるのは、難しい。



では、追ってきたイカを、どうやって釣るのか。




漁師さんは、あくまでも「漁」なので、追ってきたイカを別の仕掛けで狙う。


この釣り方、考え方を 1つの仕掛け(1タックル)で、できないかと

前回の吉栄丸さんにて、いろいと試してみた。


一回だけの釣行では、いいのかどうなのか判断が難しいが

ぜひ、皆さんにも試してもらえればと思い、ご紹介します。



まず、第一条件は、追ってきたデカいイカは 「浮きスッテには、ほとんど反応しない」ということ。

これは、漁師さんからも言われたことで、目の前で見たので、ほぼ間違いない。


追ってきたイカは、「エサ巻き」もしくは「エギ」であれば、抱く。


仕掛けは、こんな感じ。

20130707.jpg


3本仕掛けの場合、すべてを早福型(エギ)にする。

5本仕掛けの場合は、下3本を早福型(エギ)にする。

枝は60~80cm。


まずは、その日のHITカラーを探す。

先日の釣行では、全夜光オールイエローイワシが好反応だったので

3本仕掛けの、一番上に途中からセット。


釣り方は、まず1ハイHITさせたら、しっかりフッキングを入れ

針にかける。その後、スローに巻く。


これだけです。


3本ある、早福型(エギ)で、一番上に アタリカラーをセットする理由は

もちろん、一番上に抱かせるためです。

一番上にイカが抱き、スローで巻くと、他のイカがチェイスしてくる。


チェイスの際に、ヒットしているイカの下には、別の早福型(エギ)がある。


最初の方に書いた(2)の「えさがある」「横取り」しようと考えている

イカは、思わず抱いてしまう。そういう感じです。


もし、よくHITするカラーを、3本仕掛けの一番下にセットしてしまった場合は

追ってくるイカは、かならずHITしている後ろを、追ってきますから

HITしている早福型の上にセットされている、早福型には抱かない。


そういった考えから、3本の早福型の一番上には、ヒットカラーをセットすると

いいのではと思います。



「誘い方」というよりも、「カラー配列」からの狙い方ですね。



HITする棚が、完全に底ベタの場合は、若干糸ふけを出し

這わせるようなイメージで狙うといいかと思います。

潮が緩い時は、絡みの原因になりますので、お勧めできませんが・・・(^^;



大雨だったため、写真は撮れませんでしたが

先日の吉栄丸さんでは、3回パラソル級の連掛けができました。



あくまでも、漁師さんの釣り方、考え方を

私なりにアレンジした釣り方、考え方ですので

どんな条件でも正解 だとは思いませんが、ぜひ試してみてください。


2013.07.04    カテゴリ:  早福型 

   早福型 全夜光オールイエローイワシ

20130630.jpg

たいへん、お待たせいたしました!

多くのお問い合わせを頂いておりました、早福型 全夜光オールイエローイワシカラー!

今月中旬~末、出荷予定でしたが、予想以上のお問い合わせで

生産を優先しましたので、まずは約2000本を

本日、ご注文頂いておりました釣具店様へ発送させて頂きます!!

20130612345.jpg



キーストン展示場でも、本日より販売中です。

201306123456.jpg



通信販売で、ご注文頂いておりましたお客様へも本日発送させていただきます。


ぜひ、ご購入されて、たくさんパラソル級たくさん釣ってください(^^)

5bfbf4c0057752e488392f43990c3140.jpg




2013.06.21    カテゴリ:  早福型 

   ついに解禁!

たまたま、私やキーストン開発スタッフと

乗合で夜焚きイカ釣り同船された方は、見られたであろう 早福型のあのカラー。


2013年福袋の早福型セットをご購入いただいた方は、すでに手にされている

あのカラーが、いよいよ解禁となります。


ブログでもちょこちょこ、ぼかして掲載していた、このカラーです。

2012100909.jpg

DSC01707.jpg

実は、1年半前から、長崎平戸の漁師さんから

すごく釣れるということで、大量オーダーを頂き

昨年は、生産数に限りがあったため、一般発売を見送っていたカラーです。


乗合で、釣果を見られた方から、何とか発売してほしいとの

ご要望も頂いておりましたので、多くは生産できませんが

今季 生産数量限定として発売できそうです。


昨日、キーストンのフェイスブックページでもご紹介しました下記の写真ですが


1010452_352663458170393_1110430982_n.jpg

その平戸の漁師さんから、お借りしたモノです。

だいたい、この1つの早福型で、1000ハイ釣ると、こうなるということでした。

この写真を見れば、その実力は十分ご理解いただけると思います。


近日、詳細公開しますので、今しばらくお待ちください(^^)


Copyright © キーストン くぼけんブログ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog