プロフィール

くぼけん

Author:くぼけん
キーストンスタッフくぼけんです。
エギング、シーバス、アジング、船釣り、磯釣り、投げ釣り、オフショア・・・
釣りならなんでもこなします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

2012.07.07    カテゴリ:  釣行記(船) 

   鉛スッテゲーム VS 胴付き仕掛け

7月2日の夜、呼子吉栄丸さんにお世話になり

今季早くも、5回目の夜焚きイカ釣りに行ってきました。

最近、気になる事。


鉛スッテゲーム(一つスッテゲーム)と、胴付き仕掛けってどっちが釣れるのか!?


前回の釣行では、鉛スッテのほうが、勝負が早く

数釣れる感じでしたが、今回は乗り合いで他の6名さんは、胴付き仕掛け

私と、同行の大串さん2名は、鉛スッテオンリー。


幸先良く釣れたのは、鉛スッテのほう。

2012070206.jpg

KS鉛スッテ12号、赤セン。

HITパターンは、底付近でのリフト&フォール。

この時点では、あまり魚探にも反応がなかったため、

この釣り方が正解だったのでしょう。

胴付き仕掛けの周りの人は、釣れていない様子でした。

しばらくすると、小魚(イワシ)の群れが寄ってきたようで

それにつられて、イカもライトに集まってきた様子。

こうなってくると、鉛スッテには来なくなり

胴付き仕掛けの電動スロー巻きで、ゆっくり誘っている人に

コンスタントに・・・

しかし型が出ていない様子。

そんな中、鉛スッテには

2012070202.jpg

KS鉛スッテ12号赤イエロー(テストカラー)に良型。

2012070204.jpg

KS鉛スッテ10号赤白×黒メタに、パラソル級。

この日のHITパターンは、前回と全く違い

じゃかじゃか巻き後のステイには反応がなく、ステイ後のゆっくりなリフトの際に

ドスっ!!

っと重くなる感じでした。

前回の釣行の際は、ジャカジャカ巻き後のステイの際に、抱くのがほとんどでしたが

今回は、ステイ後の、ゆっくりリフトの際ばかり。

何かが違うのでしょう。

隣でやってる大串さんは、鉛スッテ+発泡浮きスッテ(赤イエロー)で

良型をコンスタントに。

2012070205.jpg

この日感じたのが、早い動きに反応するのは中型~大型主体。

ゆっくりした動きに反応しているのが、小型~中型。

終わってみれば、鉛スッテオンリーでやった私が25ハイ。

大串さんが26ハイ。

2012070201.jpg


胴付き仕掛けの方が、30~80ハイほど。

今回 数では、負けてしまいましたが、全体的な型がよかったのは

鉛スッテのほうでした。

今後も、いろんな状況の時に試してみて

誘い方や、号数&カラーの使い分け、確立していきたいと思います。

来週は、福岡姪浜から出船する、海輝さんで出船!!
スポンサーサイト






トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © キーストン くぼけんブログ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog