鉛スッテに求めるべき性能


昨日行ってきました。

561241_250827118352992_1013238325_n.jpg

山口県角島。

海の透明度も高く、眺めも最高でした。

次は、ロッドを持っていきたいと思います(^^)

ぜひ、行ってみてください。


さて、今日の本題。

【鉛スッテに求めるべき性能】について。

まだ私も、語れるほど、鉛スッテゲームに行っているわけではありませんが

キーストンのKS鉛スッテを設計する上で、重要だと考えた性能についてご紹介したいと思います。


①シルエットについて

6号の浮きスッテを使ったときに、たまに感じる、「避けている感」

小型~中型のイカにとって、6号というサイズは、餌として考えたときに

大きすぎて、抱こうにも怖くて躊躇してしまい、抱きにくいのではないか。

何を言いたいかといいますと、鉛スッテに求める性能の一つとして

重さに対してのシルエットをなるべく小さく見せる事が重要ではないかと。

写真の通り、4号の浮きスッテと15号(56g)の鉛スッテは同サイズです。

CIMG3981.jpg

②バランスについて


鉛でボディができている以上、浮きスッテのようにふわふわと海中を漂うような

バランスをとれるわけがない。

ゆっくり巻いたり、止めたりすると、こんな感じ↓

CIMG3982.jpg

イカからみると、立って泳ぐベイトに見えていることでしょう・・・笑

不自然すぎますよね。

では、違和感を感じさせないようにするには、どうしたらいいかと考えたときに

アクションを入れると、踊るような動きができれば、バランスの悪さを補えると。


③重心の位置

鉛スッテゲームが確立された若狭湾では、そんなに気にすることもないと思いますが

玄界灘を始め、まだまだ人気のない地域であれば

浮きスッテを使った胴付き仕掛けの人と、乗り合いになり、

一番心配なのが、胴付き仕掛けの人とのライントラブルがでてくるのではということ。

そういったトラブルを、極力少なくするには、狙いの棚に早く落とし

なるべく流されにくいような形状でなければいけないと。

狙いの棚に早く落とすには、リアバランスかフロントバランスが理想であり

②の躍らせる為には、フロントバランスがよく踊るということもあり

フロントバランスの、形状となりました。


④綿のありなし

通常の浮きスッテには、綿が巻いてあります。

この綿が巻くようになった理由をご存じの方は少ないと思いますが

イカ釣り漁師さんは、4~6の仕掛け(1つの仕掛けにスッテ3~4本)を一人で操る漁法と

樽流し漁と言って、数十個の浮きスッテを、しばらくの間、流して

浮きスッテにイカを抱かせて釣る漁法をされていますが

どちらにしても、即合わせができない為に、長く抱かせとく必要があり

違和感を感じさせないように、綿が巻かれています。

では、鉛スッテゲームは、どうでしょうか。

イカが触った瞬間に合わせを入れるこの釣り方において

綿は必要ないとの考えになりますよね。

それから、同船者とのトラブル防止のために、狙いの棚に素早く落とす為にも

綿はいらないとの考えにより、KS鉛スッテには綿は巻いてません。


⑤発光について

イカ釣り漁師さんからも、言われる発光の強さが重要だと。

発光が強いと、カナトフグ(白サバフグ)にボロボロにされる

可能性もありますが、鉛スッテの場合、フグの歯が食い込む心配もなく

綿も巻いていないため、ボロボロにされることは、ほとんどありません。

あまり発光しないよりは、発光したほうがいい。

早福型と同様、かなり発光します。

5555.jpg



⑥傘針の形状

かかりやすい形状であり、掛けたらばらしにくい形状である事が重要です。

アオリとかに比べ、足の細いケンサキイカは、直曲げと言われる曲げ方が

重要だと考えています。その為、KS鉛スッテには、この直曲げタイプの傘針を

採用しています。(5~30号まで)

こだわりすぎなのかもしれませんが、鉛スッテのサイズに合わせて

そのサイズにベストだと考える、直曲げの傘針を3種類組み合わせて

採用しています。


こんな感じで、KS鉛スッテは設計、開発、製造をしています。

まだまだ玄界灘では、流行るのに時間かかりそうですが、

今後も、鉛スッテゲームの楽しさ、おもしろさを伝えていきたいと思います。

次回は、鉛スッテのアクションについて書きたいと思います。

2012071302.jpg




スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply