プロフィール

くぼけん

Author:くぼけん
キーストンスタッフくぼけんです。
エギング、シーバス、アジング、船釣り、磯釣り、投げ釣り、オフショア・・・
釣りならなんでもこなします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

2012.08.10    カテゴリ:  釣行記(船) 

   浮きスッテVS鉛スッテ 第五戦IN大分豊後水道

8月7日(火)大分県、宮崎県の販売店様より

豊後水道での鉛スッテゲームの釣果がどうなのか、調べたいということで

同船させて頂きまして、浮きスッテVS鉛スッテ 第五戦 行ってきました。

この日、少し早目に佐賀を出て、向かったのは、アクロス福岡。

2012080712.jpg

どうしても、烏賊師として見なければいけない!との思いで

イカしか描かないというイカ画家 宮内さんの作品を見に行ってきました。

2012080713.jpg

すばらしい、イカの絵ばかりで、感動でした!

アクロス福岡で、8月12日(日)まで開催中ですので

烏賊師の皆様は、ぜひイカれてみてください!笑 入場無料です。


そんなこんなで、大分入りしたのは16時。

今回は、大分佐伯港(佐伯漁協前)から出船する、松風さん

にお世話になりました。

2012080711.jpg

すごく船長は、いい方で 鉛スッテゲーム(ひとつスッテ)にも興味深々でした。



大分豊後水道での夜焚きイカ釣りは初めてだったので

どんな浮きスッテに反応がいいのか確かめるべく

まずは、電動リールを使った胴付き仕掛けでチャレンジしました。


2012080714.jpg

豊後水道での夜焚きイカ釣りは、ここ数年で人気も上昇中のようで

周りには、夜焚き船が20~30隻は、出ていたと思います。

釣り始め早々、反応が良かったのが、鉛スッテ。

2012080710.jpg

鉛スッテVS浮きスッテ を行って5戦目になりますが

ライト点灯前&点灯から数十分は、なぜか鉛スッテに反応がいいんですよね(^^;

浮きスッテに反応がないのに、鉛スッテにはぽつぽつ反応がある。


しかし、日も落ちてライトを点灯し、一時間ほど経過すると

浮きスッテタイムに突入!

2012080708.jpg

硬質発泡浮きスッテ 呼子吉栄丸 赤イエロー

2012080706.jpg

硬質発泡浮きスッテ 長崎彼杵 FTS マーブル赤白

玄界灘での実績抜群カラーは、大分でも大活躍でした!!

その後は、

2012080705.jpg

5連HITもあり、気がつけば開始3時間で30ハイオーバー!(^^)

このままいけば、浮きスッテの圧勝かと思いきや

海面を見ると、こんな感じ

2012080703.jpg

カタクチイワシが、びっしり。。。

前回もそうだったのですが、ベイトが多すぎると、浮きスッテに反応が悪くなるような気がします。

案の定、このあとは浮きスッテに反応がなくなり

鉛スッテへのHITが、たまにある程度。

おもしろいのが、これだけカタクチが海面にびっしりだと

ケンサキも、たまにベイトの下(海面から1~2m下)に姿を見せていたのですが

タイミング良く、浮きスッテをイカの近くを通してやったり

上下に誘いを入れている、浮きスッテの近くに、イカが泳いできても、



完全無視!



やはり、その日のHITパターンは、ベイトに大きく左右されるのは間違いなさそうです。

試しに、エギの2.5号をキャストすると

浮きスッテに、完全無視だった海面付近のケンサキが、スッと寄って来るようになり

シャクリを入れると、すかさず抱いてきて3ハイ連続でGET!


おもしろいなと思ったのが、ふわふわ漂っている浮きスッテにまったく興味を示さないのに

すばやい動き(しゃくり)と、ゆっくりフォールするエギには、反応したこと。

これは、海面だけではなく、水中でも同じことがおこっているのではないかと感じました。

鉛スッテのすばやい動き、中おもり式エギングでのゆっくり沈むエギに

高反応を示すイカがいるのは、やはりベイトの種類、ベイトの量、ベイトのシルエット、ベイトの動き

によって、浮きスッテよりも釣れる場合があるのではと。



その後、あまりにも浮きスッテで釣れない為に、鉛スッテに変更。

2012080704.jpg

すると、胴長30センチ級を含む17ハイ程、納竿まで釣ることができました。

この日鉛スッテのアクションは、


ジャカジャカ巻き→ステイ→ロッドを大きく振りあげ→フリーフォール→ステイ


最後のステイの時にHITすることが多かったです。

鉛スッテの素早いフォールに反応を示している感じでした。

今回感じたのは、豊後水道の流れの変化が激しいこと

8号の鉛スッテで着底(水深65m)取れたかと思いきや

数分後には、12号に変えないと流されてしまったり。

号数の交換は、豊後水道では頻繁に行わないといけないと感じました。


釣果は終わってみればこんな感じ↓

2012080701.jpg

浮きスッテ33ハイ、鉛スッテ17ハイ。

計、ジャスト50ハイ。(小型とスルメイカはリリース)


浮きスッテの勝利


これで、鉛スッテ3勝。浮きスッテ2勝という結果に。

前半の浮きスッテタイムの際に連掛けして数を伸ばせたことが勝因かと思いますが

コンスタントに釣れていたのは、鉛スッテのほうでした。

後半は、浮きスッテでほとんど釣れていなかったので・・・

大分豊後水道での夜焚きイカ釣りは、8~10月いっぱいのようです。

船長曰く、毎年お盆すぎになると良型も増えてくるということでしたので

これからが本格シーズンインかと思います(^^)

関アジ、関サバに続く、関イカ!?(笑)にぜひチャレンジしてみてください!

スポンサーサイト
東側の夜焚きは魅力でした。是非俺も行って見たいエリアです。
中部から北部にあたり潟での底引き網には甲烏賊漁も漁船も北部地域ではたくさん船があるみたいですね。
 
秋に関サバ、アジがまだOFFシーズン時に船はカワハギ漁に出るらしく関東で流行ってる餌巻きの甲烏賊スッテで近々遊んで来ようと考えてます。

剣先の誘いはハイシャープからのスローフォール寸前にアタッてくるパターンが多く感じてました。
是非、関烏賊ブランド作りたいですね(笑)
こっちはゴン烏賊ですかねv-9
 

鉛スッテと浮きスッテの組み合わせでWセッティングで試してみたいです。
>EG-GAMEさん

こんにちは!
大分佐伯沖だったので、もう少し南側の宮崎沖でも
ケンサキいけそうな感じです!!

大分はコウイカ盛んみたいですね(^^)
私もぜひチャレンジしてみたいです。
関アジ、関サバに続く、関イカブランドに期待しましょう~!

鉛スッテ+浮きスッテのWセッティングもおもしろいと思います。

次回の夜焚きが楽しみです(^^)
流れの釣りを制しましたね^^

ベイト。。。凄っ!

>佐藤さん

豊後水道、面白かったです!
どんな釣りでもそうだと思いますが
ベイトや流れ等、条件がころころ変わる釣りって
考えながらやるので、おもしろいですよね(^^)






トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © キーストン くぼけんブログ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog