イカ用トロ箱

昨年一年間、ずっと開発テストを続けていた

イカ用トロ箱。

DSC_0749.jpg

ホームページにも、開発中であることを公開しておりましたので

今月に入り、お問い合わせも ちらほら。

開発に時間がかかっている理由は、耐久性を調べるためです。



耐久性というのは、「強度」もそうなのですが

「イカスミの落ちやすさ」、「カビ」や「腐食」も

いろんな種類の木材、天然素材のコーティング剤を塗ったり

何通りも試しました。

2013041601.jpg

プラスチックや、その他の素材でも考えましたが

適度な湿度を保つこと、加工のしやすさ、価格 を考えると

トロ箱は、木材が理想的であると考えます。

2012100901.jpg


問題が、木材の種類と、コーティング。


木材の種類は、ようやく答えが出つつあります。


ヒノキのような、においのある木材は、イカににおいが移ってしまう。

桐やバルサ、ファルカタ材は、軽いのでいいのだが

軽いということは、目が粗いので、イカスミが染みやすく、落ちにくく、強度が心配。

木の器で使われる、栗の木や 山桜は 染みにくいのだが、重たい。


2013012207.jpg

コーティング剤も、いろいろ試しました。

体内に入っても害のない、天然素材でコーティング。


コーティング剤も、数種類。。。

2012120301.jpg

イカスミを、落とそうとブラシでごしごしすると

コーティング剤も、落ちてしまう・・・


見た目も、汚くなる。



ここまで、現在たどり着いています。

2013011501.jpg


素材、加工方法、形状は、ある程度 答えが出つつあります。


イカ釣りファンの皆様に、長年お使いいただき、おいしいイカを食べていただきたく


テスト、開発を続けておりますので


もうしばらく、お待ちください。

2013031901.jpg

スポンサーサイト

Comments 2

take

イカ用トロ箱

くぼけんさん、お久しぶりです。

こちら山陰沖でもシロイカがシーズンインとなり、先日今期初となる釣行に行って来ました。
結果から言うと30杯/人 程度でしたが、なかなか型も良く満足しています。イカはいつも去年くぼけんさんが作ってましたトロ箱を真似て自作した物に並べて持ち帰りますが、
鮮度も良く気に入ってます。
ただヒノキを使った為、においが少し気になりますね。早く商品化されるのに期待します(^^)

2013-06-21 (Fri) 23:42 | EDIT | REPLY |   

くぼけん

>takeさん

お久しぶりです(^^)
ありがとうございます!
木の種類や、加工方法等いろいろ調べ
サンプル作成することで、いろいろと見えてくるものがあります!

ヒノキも案の一つでした。
ヒノキは、油分が多く撥水効果も高いうえに
その油分の中に、抗菌作用もあるということでした。
においも徐々に薄くなってくると思いますので
まったく問題ないと思います(^^)

いよいよシーズンスタートですので、これから楽しみですね!
今年は、山陰エリアにも、釣行行きたいです!!

2013-06-22 (Sat) 10:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply