ダイオウイカ

NHKのダイオウイカ見られましたか!?

私は、録画しているにもかかわらず、テレビにク・ギ・ヅ・ケ (´з`)

子供を風呂に入れることも、忘れるくらい・・・(笑)


見られた方は、いろんな感想をお持ちのことでしょう。


個人的に一番興味があったのは


「発光するクラゲを食べにきたソデイカ。それを食べにきた、ダイオウイカ」

要するに

「発光する生物を食べにくる生物を食べる生物。」ということ。


夜焚きでいうと

発光する浮きスッテを食べによってきたケンサキイカを

食べに来たマダイ みたいな感じ。


別の見方をすると、船のライトに集まってきたプランクトンや小魚

それを食べによってきた、カタクチイワシやキビナゴ

それを食べにくるケンサキイカ

それを食べによってきたマダイ。


船のライトは、食物連鎖を作り出しているのです。


バス釣りをされている方は、わかるとおもいますが

クランクベイトを、底をたたくように使う場面があると思います。

これは、底の藻やプランクトンを捕食する小魚をイメージさせているのですが

エサを取ることに集中している小魚は、近寄ってきている

バスの存在に気が付きにくく、バスは捕食しやすいということなのです。


ダイオウイカは、捕らえやすい そういったエサに集中している生物を

襲うことで、捕らえやすく 尚且つ獲物が大きいので胃袋を満たしやすい

からだと推測できます。


エギングや、夜焚きイカ釣りでも同じことがいえると考えています。


カタクチイワシを10匹捕まえて食べるよりも

カタクチイワシを食べに来た中型のアジを1匹捕まえて食べた方が

体力をたくさん消費することなく、一度で胃袋を満たすことができる。


そういった理由から、大型のエギ(4.5号や5.0号)ばかりにHITする場面があったり


シルエットの大きい早福型や、硬質発泡浮きスッテ、ビビンスッテの5号や6号に

好反応を示すことがあるのだと思います。




「発光」と「シルエット」は、どんなイカにも重要ということですね。




明日は、初の山口県沖で夜焚きイカ釣り 行ってきます。
スポンサーサイト

Comments 2

幸太

この話を学部の始めての授業で聞きました!(笑)
そのときはものすごく授業がたのしかったです(*^^*)

2013-08-01 (Thu) 16:04 | EDIT | REPLY |   

くぼけん

>幸太くん

久しぶりやね!
大学生生活はエンジョイしている!?

ダイオウイカを、ぜひ狙いに行こう!(笑)

2013-08-01 (Thu) 16:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply