山口県長門仙崎沖の夜焚きイカ釣り

30日の夜、初めての海域となる

山口県長門市仙崎沖へ夜焚きイカ釣りにいってきました。


今回お世話になったのは、北瀬丸さん。

ブログはこちら→  http://hokusemaru6408.blog.fc2.com/

2013073028.jpg

19時出船で、釣り場まで20分ほどでした。

この日は、ライトタックルでの一つスッテ(鉛スッテ)ゲーム中心で攻めました。



明るい時間帯は、なかなかヒットしませんでしたが

ライトが効き始めた頃には

ちらほら、ケンサキが顔を出し

2013073021.jpg

まずは、ケンサキSPのテストカラー 赤イエロー。


鉛スッテにも

2013073023.jpg

ただ、後が続かず・・・


そこで、秘策の早福型3連仕掛けをセットし、連掛けを狙うことに。


2013073014.jpg

底付近でHITさせ、ゆっくり誘ったら


2013073013.jpg

フグの猛攻に・・・(;´∀`)

フグが多い時は、連掛け狙いは むずかしいですね・・・


ちなみに、乗せてるエサは 春に釣ったアオリイカ!!

イカエサも、けっこうよさそうです。


この日は、20~30mにベイトの反応が濃く

2.5号サイズの、カタクチと

それを捕食する、鉛筆サイズのカマスが多かったように思いました。


ただベイトについている、イカは小型が多かったので

底付近を早福型で、しばらく攻め大型を狙ってみることに。


すると・・・





まさかの・・・








2013073012.jpg

ボッコ(沖アラカブ)ゲット(;'∀')


しかも


2013073010.jpg

42cmと、なかなかの良型。


さらに

2013073008.jpg

30cmクラスもGET。


もちろん、こいつも

2013073005.jpg

白サバフグ(カナトフグ)。


けっこうこの海域は、フグが多い印象でした。

しかし、この日は40mラインでのフグの反応が多かったですので

フグのいる棚をはずせば、十分エサ巻きでも通用すると感じました。

後半は、鉛スッテや浮きスッテには反応が薄く


中オモリに、早福型をセットする釣り方ばかりにHITすることに。

2013073004.jpg

2013073003.jpg


船長も、その釣果の差にはびっくりで、同じ仕掛けに交換すると

入れ食いとまではいかないものの、まったく鉛スッテに反応しなかったイカが

ぽつぽつと反応するように。


釣れない時間帯は、イカがいなくなったと考えがちですが

いるんだけど、手をださない と考えるべきです。


手をださないイカを、どうやって釣るのか考えるのも、おもしろいです。


この日の釣果は、一人24~27ハイ。


胴付きの浮きスッテ仕掛けには、ほとんど反応がなかったことを

考えると、十分納得の釣果です。


初めての海域で、いろんなスッテやエサ巻き、いろんな誘いを試すことで

また新たな発見があり、たいへん勉強になった釣行となりました。


北瀬丸さんは、11月まで夜焚きイカ釣りに行かれるということで

料金は¥8000~¥10000 (一人)です。

ぜひ行かれてみてください。


100ハイ超える日もあるということですので

わたしも、またリベンジしたいと思います。



ちなみに、帰りの道中 豊田湖周辺は野生のシカが

あちらこちらにいて、飛び出して来たり

体当たりされたり(笑)する可能性もありますので

くれぐれもご注意ください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【2013年の釣果】

・ケンサキイカ     272ハイ
・ヤリイカ(ササイカ) 10ハイ
・スルメイカ(ガンセキ) 3ハイ
・コウイカ        2ハイ
・アオリイカ       7ハイ
合計          294ハイ

年間目標1000ハイまで、あと706ハイ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply