夜焚きイカ釣り専用エギ

夜焚き専用エギの開発を進めていますが


釣行を重ねることで見えてくる、動きの違いによる釣れ方、釣れるサイズの違い。


「エサ巻きは、大型が良く釣れる」


これは、玄界灘では誰もが知っている事であり


シーズンの長い、長崎平戸沖では、より大型のケンサキを数釣るため


エサ巻きエギの早福型はかかせない存在となっています。


私自身なぜ、エサ巻きは大型が良く釣れるのか?釣れ方に違いがあるのか?


ずっと疑問に思っていました。




本職のイカ一本釣り漁師さんは早福型で


より大型を、数を釣るために、非常にバランスや沈下速度、角度には


こだわりを持たれています。


2013062512.jpg

しかし、早福型にも欠点が・・・


エサの準備と、ボロボロになったら巻き替える面倒さもありますが、一番は

2012071603.jpg

そうです。カナトフグ(白サバフグ、ブクト)の存在。


エサは、ボロボロにするし 仕掛けは切っていくし。。。


7~8月以降は、「エサ巻き = カナトフグにやられる」


というイメージが強いため、釣り人は エサ巻きを使いたがらないのが現実。



しかし、実際に使ってみると、大型がやはり釣れる。

2013070923.jpg


でも、カナトにやられる・・・



早福型の釣れる要素は、「発光」「ボディ素材」「バランス」「沈下速度、角度」「エサ」


カナトにやられる要素は、「発光」「エサ」



エサの準備、巻き替えの面倒さ、カナト被害 を考えれば

「エサ」を外せば、解消できる。



では、早福型をエサなしで使えば、いいのではという思いになるのですが


エサを乗せた状態でバランス調整を行っている以上、ベストなバランスとは言えない。


もちろんエサなしでも、釣れます。




市販のエギでも、もちろん釣れるでしょう。


しかし、求めるのは「より大型を」「より数を」「同一の条件で釣り勝つ専用エギ」ということ。

1DSC02067.jpg

ここ2年で、いろんなタイプのエギをテストしてきました。

これは、エギシャープの3.5号V0リアルベイトカスタム。


ぎらぎらホログラムの為なのか、沈下角度速度がいいのか、発光しなくても、よく釣れました。


1DSC01899.jpg

最近、こっそり?使っている、モンローエギ2.5号グローイエロー。


胴付き仕掛け、中オモリ どちらも活躍してくれます。

1DSC01009.jpg

ロングエギ105 Mタイプ。

その細身のシルエットからなのか

鉛スッテに反応しない、浮きスッテに反応しない、けどこのエギには反応する

ことも、よくありました。




それぞれのエギの、釣れる要素をMIXさせると、どうなるのか。




今月末には、サンプル仕上がりそうです。


仕上がり次第テストして、バランス調整、傘針の種類選択、カラー選び


急ぎたいと思います。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply