プロフィール

くぼけん

Author:くぼけん
キーストンスタッフくぼけんです。
エギング、シーバス、アジング、船釣り、磯釣り、投げ釣り、オフショア・・・
釣りならなんでもこなします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

2011.08.31    カテゴリ:  釣行記(船) 

   呼子 吉栄丸さん 夜焚きイカ釣行

8月29日 呼子から出船する人気夜焚き船『吉栄丸』さんにお世話になり

小呂島沖へ釣行してきました。

前回お世話になったのが7月14日。

一ヶ月半ぶりの釣行となりました。

今年はずでに7回、夜焚きイカ釣りに行って、様々な夜焚きイカ釣り遊魚船に乗船

してきましたが、イカ釣りに対する思いが、一番強く感じられるのが、呼子の吉栄丸さんなんです。

それは、前回もご紹介しましたが

DSC01033.jpg

装備は完璧です。

(1)竿受け
(2)スッテマット
(3)電動リール用電源
(4)ロッド脱落防止用、尻手ロープ
(5)個人用常時流水イケス
(6)集魚ライト15灯?装備
(7)氷付き
(8)トイレ付き


ここまで完璧な、遊漁船もなかなかないと思います。

人気の理由がわかります。


しかも今回気がついた事が1点。

(5)の個人用流水イケスに使用している海水について。

夏から、秋にかけて釣れて上がってくるイカは、表面が赤いのはご存知のはず。

これは、海水の表面温度が高いため、かなりのストレスを感じているため、赤くなるのです。

海面近くの海水で、活かしていても、イカの弱りが早く、釣り終わりまで活かしておくことが難しいんです。

では、活きイカを必要とする漁師さんは、どのようにして、船上で活かしているのかと言うと

10~20mラインの海水を汲み上げて、イカが釣れる棚にちかい海水温度で活かす事で

イカが弱るのを防いでいるのです。


そうです。吉栄丸さんも、10~20mラインから海水を汲み上げて、個人用イケスに常に海水を

送り込んでいるわけなんです。


DSC01249.jpg

ここまで、こだわりをもってされている、吉栄丸さんは素晴らしいと思います!!

っということで、今回の釣行は予告していた通り、6号と7号、エサ巻きスッテ早福型を中心に

使用してきました。

しかし、釣り始めて1時間。まったく釣れる気配がありません(^^;

同船者の方は、4号スッテの赤緑で、ちょこちょこ釣果があるようでした。

これはまずい・・・ということで、急遽大型狙いから切り替えて

5個のスッテを、すべて発泡浮きスッテに変えてみることに。

すると、コンスタントに釣れ始め・・・

DSC01251.jpg

終わってみれば、31匹GET!

かなり渋い中での31匹は、大満足です。やはり発泡浮きスッテは、釣れます!!

DSC01264.jpg

今回、持ち帰り方のテストを行いました。

これは、明日にでもブログアップします。
スポンサーサイト
拘り...感じますね~
人気なのはそれなりに理由がありますからねww

テイクアウトプラ....気になります!
平日も、ほぼ満船なんで、すごいです!
なかなか北部九州で、週末はチャーターで予約が埋まり
平日は乗り合いでほぼ満船の遊漁船はなかなかないと思います!

イカの持ち帰り、今からUPします!






トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © キーストン くぼけんブログ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog