「漁師のイカ漁」と「釣り人のイカ釣り」

「漁」と言っても、様々な漁法があると思います。

イカ漁は基本的に、一本釣り。

網を使う漁は、定置網漁や底引き網漁、刺し網漁、巻き網漁。

その他、はえ縄漁等あると思います。



では、イカ漁はなぜ一本釣りが基本なのか。

それは、網で獲ると傷みやすく、他の魚のヒレでボロボロになり

見た目もわるく、価値が下がるから。



様々な漁法がある中で、イカ釣り漁で使う「スッテ」や「エギ」は

「漁」と「趣味の釣り」どちらでも使う擬似餌。


シーバスを釣る際、釣り人ならルアーを使うでしょう。もちろん生餌も。

漁師さんの中でもルアーを使ってる人もいるかとは思いますが

基本的には、効率を考えて網で漁をするでしょう。


タコも同様に、釣り人ならタコ専用の疑似餌を使いますが

漁師さんは、タコツボを使う。


何を言いたいかというと、「イカ漁」と「趣味のイカ釣りは」

使うスッテやエギは、漁師さんも釣り人も基本的に、同じ擬似餌を使っているという点。


漁師さんの考えがすべて正しいとは思いませんが、

漁師さんに認めてもらえる商品の開発を目指すのは、キーストンの開発の考え方。

漁師さんに認めてもらえた商品は、当然釣り人の皆様にも認めてもらえると考えています。


現在、夜焚き漁の際に使う、スッテやエギは、ある程度認めてもらえるようになったと

感じていますが、昼のイカ漁では、まだまだ認めてもらえていないと感じています。

昼のイカ漁には、1本釣りの他に、樽流し漁がありますが

非常にシビアで繊細なのが、1本釣りで行う昼イカ漁。


明日、昼イカ漁に出られている漁師さんの船で、勉強してきます。

同一の条件で、漁をされるので、釣れる商品、釣れない商品はっきりわかります。

他のメーカーさんの商品がよく釣れていると悔しいから、ある意味 もえますが。

負けない釣果を出す商品の開発を行う為にも、明日は重要な日です。


イカ釣りの本質を追求し、本物を目指す。


がんばってきます。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply