プロフィール

くぼけん

Author:くぼけん
キーストンスタッフくぼけんです。
エギング、シーバス、アジング、船釣り、磯釣り、投げ釣り、オフショア・・・
釣りならなんでもこなします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

2014.06.26    カテゴリ:  釣行記(船) 

   昼のケンサキイカ漁、弟子入り修業①

昼のケンサキイカ1本釣り漁 弟子入り修業。

記事が長くなりそうですので

二回に分けて書きたいと思います。



弟子入り当日は、べた凪で曇り。

潮周りは、若潮。


沖合いに出ると

DSC03462.jpg

すでに、昼イカ漁師さん集まっています。

昼と夜のケンサキイカ漁で違うのが

ライトをつけるかどうか。

当然ですが、昼はライトは焚きません。

夜は、ライトを焚くことで小魚が集まり、イカも寄ってくるが

昼は、魚探でイカを探し イカの群れの上に船が流れるように

操船するのが重要で、そこが大きく違うところ。

また、船の流し方も違います。

夜は、パラシュートアンカーで流すことが多く

潮が速くない場合は、アンカーをうつことも。

昼は、細かく船を動かすので、基本的にはスパンカーのみ。


釣り場について、私はまず電動の胴付き仕掛けからスタート。

ハヤケン氏は、鉛スッテ+ウキプラハイブリッド針の組み合わせで。


ハヤケン氏、1投目からHITし、連発。

DSC03464.jpg

型も、胴長40cmクラスの良型。

胴付き仕掛けの私は、反応なし(*´з`)


だけど、同じ仕掛けの漁師さんには連発。

DSC03468.jpg

枝の長さも、使っている早福型も、乗せてるエサも同じキビナゴ。

アクションかと思い、真似するが釣れず。

釣れない理由は、徐々にわかってくることに。


漁師さんも、私のあまりの釣れなさに「このキビナゴ使ってみんね」

と気遣っていただき、ありがたくいただくことに。

でも、キビナゴは持参してきていることを伝えているはずなのに

なぜ? とその時はちょっと気になっただけでした。


しばらくして、ようやくHITしたものの、1ハイ釣った時には

漁師さんすでに10ハイ以上釣ってました(^^;


その後も、やはり同じ仕掛け、同じようなアクションでも

差はひらいていく一方・・・


ふと、漁師さんから頂いたキビナゴが気になり、交換してみると

DSC03472.jpg

連発。

でも、持参したのと同じキビナゴです。

何か特別な締め方をしているのじゃないかと思い聞いてみると

普通の塩でしめてあるだけだと。


ただ、違うことが1点だけ。


塩で締めてからの日数。


漁師さんは、しょっちゅう使われるので、締めて数日。

私のキビナゴは、冬に締めて、すでに4~5か月経過しているもの。

今までは、塩で締めているから、時間がたっても問題ないと考えていましたが

発酵しすぎの臭いが嫌いだったのでしょう。

その後は、漁師さんから頂いたキビナゴに変えて、ぽつぽつと。


おそらく、漁師さんは、私が釣れない理由を 「エサが原因」とわかられていたのでしょう。


これには、私も驚きましたし、今までのキビナゴ塩締めに対する

考え方を考えさせられました。

塩締めキビナゴは

釣りに行く数日前に準備すべきであって

数か月たつと、見た目は大丈夫であっても、臭いがちがうのでしょう。

それだけ、イカは臭いを判断しているということ。


ただ、それでも漁師さんとは差がひらくばかり・・・


DSC03489.jpg

テストカラーでも、良型がきましたが

漁師さんが全夜光ホワイトで釣りまくるので、テストカラーが

釣れるカラーなのかまったく判断できず(苦笑)


後ろでは、ハヤケン氏 鉛スッテとウキプラハイブリッド針で

DSC03481.jpg

DSC03486_2014062616411413d.jpg

釣りまくり。

しまいには

DSC03476.jpg

ミニミニコウイカまで。

鉛スッテ仕掛けでは、漁師さんと同じくらいのペースで釣れていました。

後半は、私も鉛スッテ仕掛けにチェンジ。


するとすぐに





IMGP0948.jpg

ミニミニタコ。(笑)


潮が止まると、タコが連発(^^;


ちょっと場所を移動してからは

DSC03490.jpg

連掛けも。

この日のヒットパターンは、べた底での上下アクション。

アクション後のステイというよりも、フォールに反応が良く

良型は、鉛スッテの上の、ウキプラハイブリッド針とエサ巻きの早福型に多くHIT。

DSC03495_20140626164118024.jpg

しばらく鉛スッテゲームを楽しみ

IMGP0961.jpg

納得のいかない、電動胴付き仕掛けに、もう一度チェンジし

再度良型を狙ってみることに。





続きは、また明日書きます。
スポンサーサイト






トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © キーストン くぼけんブログ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog