大分 豊後水道 夜焚きイカ釣り

7月24日の夜、大分 豊後水道へ 夜焚きイカ釣りへ行ってきました。

今回はお取引のある販売店さんの研修会という事で

いろんな仕掛け、いろんなスッテで何が一番反応がいいのか

試してみました。


私自身、大分豊後水道での夜焚きイカ釣りは2年ぶりの2回目。

前回は、豊後水道の複雑な流れとベイトの多さによる影響?で

ころころ変わる棚、ころころ変わるHITスッテで

難しいけど、おもしろい海域だなと感じた記憶があります。

豊後水道でよく使う仕掛けは、7本仕掛け~10本仕掛け。

棚がコロコロ変わることにより、本数が多い方が対応が早く

効率がいいのだと思います。


今回お世話になったのは、前回と同じ佐伯港から出船する「松風」さん。

2012080711_20140726143348fed.jpg

出船から50分ほどでポイントに到着し

すぐにパラアンカーを入れ、釣り開始。

DSC03556.jpg


明るいうちは、ほとんど反応がありませんでしたが

ライト点灯後ポツリポツリと反応が出始め

気がつけば、豊後水道名物?ベイトの大群が・・・

DSC03569.jpg

ホームの玄界灘、平戸沖でもベイトはけっこう寄ってくるのですが

量が違います(^^;

今回、あえて浮きスッテはあまり使わずに、エサ巻き中心で攻めてみました。

DSC03559.jpg

まずは、下2本を早福型に。一番上を硬質発泡浮きスッテ。

反応を見ながら、枝の長さ&スッテのカラー、種類を変えてみることに。

開始から1時間は、隣の胴付き7本仕掛けの電動自動巻きが好調。

ただ、手のひらサイズが多い印象。


私の仕掛けには、なかなか来ない・・・

エサ巻きが、反応悪いかと思い始めていたのですが

攻めていたのは底付近の70mライン。

思い切って、30mラインを攻めてみると

エサ巻きにも反応し始めて

しばらくすると、良型もチラホラ。

DSC03566.jpg

船の揺れで、メジャーが合ってませんが、この日最大の胴長43cm。

やはり、エサ巻きの早福型が浮きスッテに比べて型がいい。


では、プロト品の8号のスッテだとどうなのか試してみる。

DSC03567.jpg

左の二つは6号、右は8号。

8号は、当然4号の約倍の大きさ(^^;


しばらくすると、ようやく

DSC03568.jpg

8号のスッテと同サイズGET。(笑)

エサ巻きの方が、反応が良くサイズがよかったので

3本仕掛け全部早福型にすることに。

その後は、コンスタントに。



鉛スッテでも好反応。



夜中0時を過ぎた頃には、海面のベイトがかたまりだし

それを追う良型のケンサキがちらほら。

鉛スッテタックルに、早福型のみをつけて狙うと

まさに入れ抱き。


2ハイ掛けも達成。

DSC03573.jpg

この釣り方で、20ハイ以上釣り

気がつけば7本仕掛けの同船者は、かるく100ハイ超え達成。


私も100ハイ前後の釣果になり、納竿。

スルメイカも釣れたのですが7ハイ全リリース。

後半釣れた小型のケンサキイカも、リリース。


それでも、トロ箱満タン、クーラー満タン。

DSC03574.jpg

大分豊後水道は、今年絶好釣みたいで連日?

1人100ハイ超えしているようでした。

今回の釣行で感じたのが、豊後水道での夜焚きは

数釣りをするなら7~10本仕掛け(枝は直ブラ~5cm程度)

スッテは4号。

中型から大型中心で狙いたいときは

硬質発泡浮きスッテもしくは、エサ巻きエギ早福型。

海面のベイトを追って浮いてきたケンサキを狙うには

早福型のみをキャストし、シャクリとフォールで狙うと効果的。


水深70mに対して、HITレンジが20~50mと比較的浅めで

ころころと棚が変わっていたので

電動であれば、50mからのスロー巻き

鉛スッテだと、20mラインから、棚を刻んで誘い下げていく

釣り方がよかったように思います。

早福型もフォールを意識しながら、誘い下げていくとGOODでした。

9月いっぱいまでは狙えるとのことでしたので

関イカ狙いに行ってみてはいかがでしょうか(^^)


今回の釣行動画は、明日にでも編集して

ご紹介したいと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【2014年のイカす釣果】

・ケンサキイカ     227 ハイ
・ヤリイカ(ササイカ)  8 ハイ
・スルメイカ(ガンセキ)104 ハイ
・コウイカ        1 ハイ
・アオリイカ      32 ハイ
・ダイオウイカ      0 ハイ
合計         372 ハイ

年間目標1000ハイまで、あと628ハイ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply