プロフィール

くぼけん

Author:くぼけん
キーストンスタッフくぼけんです。
エギング、シーバス、アジング、船釣り、磯釣り、投げ釣り、オフショア・・・
釣りならなんでもこなします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

2014.08.23    カテゴリ:  開発 

   イカ用トロ箱

イカ用トロ箱を自作して、2年。

釣行30回ほど使用したと思います。

2013073001.jpg

しかし、今シーズン気になることが・・・・


そうです。


臭いです!


部屋中が、くさく 外に干してると

寄ってくるハエとアリ・・・ (笑)


商品化に向けて動いているのですが

価格面、衛生面、強度という問題を解決しないとですね・・・



家族から

「こんなクサいトロ箱に乗せて持って帰ってきた、イカを刺身で食べるのは、イヤダ」

と言われる前に、つくりかえました。(^^;


せっかくなので、2年間使ってきて問題が出てきた部分を改善して作成!


第一の問題点 【クギ】

DSC_0763.jpg

ステンレス製のクギで止めてた部分は、写真の通り。

イカを大量に乗せた際に、重さでクギが抜けかけてました。

再度、打ち込んでも スポスポの状態。


通常、市場等で使われている木製のトロ箱は、必ず 【鉄クギ】

を使用されているみたいです。

理由は簡単、「海水でクギが錆びることで、強度が増す為」

そうです、クギが内部で錆びることで、木とクギをより密着させ

強度を上げることができるからです。

それを知って、鉄クギで作成したハヤケン氏が使うトロ箱は

DSC_0762.jpg

たしかに、クギ錆びてます(^^;

でも、この錆び クーラーに移ったりするし

錆びると、なんかイメージ良くないですよね。。。

そこで、今回はクギを一切使用しないで作成しました。



第二の問題点【木の種類】

今まで、いろんな木の種類を試してきました。

やたら、ニオう種類、墨が染みこみやすい種類・・・


その中で、イカ墨の付き難さ、強度、耐食性、価格等を考慮し

トロ箱に、一番適しているであろう素材を今回使用することにしました。


第三の問題点【トロ箱の形状】

以前のトロ箱は、持ちやすいように設計にしていたため

両端が、コの字型になり、非常に洗いにくく、墨も汚れも、洗剤も水も

たまってしまってました。

その点も、今回は改良!

更に、クーラーピッタリに作っていたので飲み物を冷やすのに

一苦労だったので、端にペットボトルを立てれるようにスペースを設け作成。


DSC_0759.jpg

升で使われている、接合方法を今回採用。


1日半かけて、完成しました。

DSC_0764.jpg

まずまずの出来。

もう少しペーパーかけて、きれいに仕上げたいと思います。


裏面は、こんな感じ。

DSC_0765.jpg

今回、クギを一切使用しないということで

接着剤を使いましたが、これがまた大変でした。


生で食べるイカを乗せるトロ箱ですので、体内に入ると危険な溶剤が入った

接着剤を使用することは当然できません。

海水で溶け出してイカに移りでもしたら大変です。

っということで、探しに探して安全な接着剤を探し出し、今回それを使用しました。


強度も問題なさそうですので、商品化するなら

これで決まりですね!

あとは、価格面をどうするか・・・


スポンサーサイト
  • 管理人のみ閲覧できます
  •  - 
  • 2014.08.23 19:06  
  • 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
masaさん、こんにちは(^^)

ありがとうございます。
けっこう升の組み方は苦労しました。(^^;

ご意見ありがとうございます!
水につけて、強度みたほうがよさそうですね。
早速ためしてみます!

こんにちは。

ブログ拝見しました。

接着剤よりも、ステンレスのビス止めがいいのではないでしょうか?
>Deep Blueさん

ご意見ありがとうございます!
ステンレスのスクリュービスだったら、いいかもしれませんね。
写真の通り、何枚も板を接続しなければいけませんので
20~30個所ビス止めが必要になっちゃいます(^^;
もし、接着剤で強度が出なければ
スクリュービス試してみます!
ありがとうございます。






トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © キーストン くぼけんブログ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog