鉛スッテゲーム用スピニング

今年の夜焚きイカ釣りを振り返ってみると、

ほとんど胴付き仕掛けではなく、鉛スッテで挑みました。

その釣行回数は【9回】


昨年オーバーホールに出して、まだ1年半くらいですが

やばいくらいに、ゴロゴロです(^^;

おそらく鉛スッテゲームで15回ほど、エギングで10回ほど使ったでしょうか。

DSC03072.jpg

エギングでは、そんなにリールの内部の消耗は

ないと思うのですが、鉛スッテゲームはいろんな釣り方がある中で消耗が一番激しいのでは?と思います。

特に今年は鉛スッテの号数を15号(56g)メインで使ってますので

リールへの負担は相当なもの。

常にそれだけの負荷がかかっているわけですし・・・


そりゃギアも もちませんね(^^;


耐久性に特化した2500番クラスのスピニング出ないかな~(笑)



シーズンはまだ続くので、終わってからオーバーホール出そうかと思います。

愛着のあるリールですので、修理不可になるまで使い続けたいと思います。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply