プロフィール

くぼけん

Author:くぼけん
キーストンスタッフくぼけんです。
エギング、シーバス、アジング、船釣り、磯釣り、投げ釣り、オフショア・・・
釣りならなんでもこなします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

2014.10.23    カテゴリ:  釣行記(船) 

   平戸沖 青物落とし込み釣り

10月21日 長崎県平戸 早福港から出船する長幸丸さんで

青物落とし込み釣りに行ってきました。

DSC03804.jpg

たまには、イカ以外をターゲットに釣りたいという事で

いつも弊社製品を使っていただいてます長幸丸さんで。

長幸丸さんに乗るのは3回目。でも、7~8年ぶり(^^;

青物落とし込み釣りを知って、初めてチャレンジしたのが長幸丸さんでした。

当時はまだ、青物落とし込み釣りって??という感じでしたが

ドキドキ感からか、人気も急上昇し 全国にこの釣りが広がったように思います。

初めてチャレンジしたときは、大型ヒラマサ釣りきれませんでしたが

隣の乗合の方に大型がHITし、強烈な突っ込みで

ロッドがバット部から、すごい音をたてて折れ

その衝撃と光景は今でも記憶に残っています。


DSC03793.jpg

青物落とし込み釣り、別名食わせサビキ釣りと言いますが

簡単に説明しますと、サビキに80~100号のオモリをつけて

指示棚に落とし、青物のベイトとなる小アジやイワシを掛けます。

ベイトが掛かったら、底付近まで仕掛けを落とし青物が食いつくのを待つという釣りです。


実は非常に奥の深い釣りで、まずベイトを掛けないと釣りになりません。

ベイトも、ハリの違いやフラッシャーの有り無し

誘い方によっても、ベイトの掛りがかわってきます。

当然、ベイトを掛けれる針のサイズですから

結構小さな針になります。

その小さな針で、青物まで釣り上げるということですから

針とハリスのバランスが、ベイトの付き方、青物が来た時のバラシの多さを左右します。


この日、幸先よく1投目からベイトが掛かり、底付近まで落とし込むと

すぐにコレがHIT。


DSC03792.jpg

きれいなマダイ約50cm。

DSC03791.jpg

幸先良すぎです(笑)

しばらくすると、後ろでやっていたハヤケン氏

DSC03794.jpg

高級魚 アカヤガラ~!

長すぎて、クーラーに入らず、この状態(^^;

DSC03795.jpg

余裕のメーターオーバー(笑)

その後は

DSC03796.jpg

私にマトウダイ2匹。

他にも、中型イサキや、ヨコスジフエダイ。

ハヤケン氏はヤガラ2本追加し、計3本(笑)


更にサワラを追加

DSC03800.jpg

私のサワラは70cmちょいでしたが、ハヤケン氏が釣り上げたサワラは

90cmほど(^^;;


脂ノリノリでした。

肝心の、青物はというと・・・


IMGP1123.jpg

強烈な突っ込みにたえ、上がってきたのは

DSC03801.jpg

80cm後半、6キロ級のヒラマサ!!

IMGP1125.jpg

この日、船中で唯一のヒラマサでした(^^)V

ハヤケン氏は、オオバラシあり~の

ブリ?ヤズ?良型ヤズ?を2本釣り

私も、同サイズを

DSC03805.jpg

そんなこんなで、本日の釣果

10712817_514973781938323_4860878632570394048_n.jpg

いや~おもしろかったです(^^)

また来月行こうかな。

だって、こんなにおいしい刺身がまってるのですから・・・

1932200_514973771938324_7196503420338816957_n.jpg
スポンサーサイト






トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © キーストン くぼけんブログ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog