アニサキスがガンを見抜く

もうすでに、ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが

先日、びっくりするニュースが出ていました。


報道ステーションのトップでも紹介された

「寄生虫のアニサキスがガンを見抜く」ということ。


以下、ニュースより抜粋
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
九州大学研究チームは1滴の尿でがん細胞の有無を判別できると発表した。
「C・エレガンス」と呼ばれる体長1ミリの線虫(寄生虫)ががん患者の尿のにおいを好むことを発見し、
95.8%の精度でがん細胞の有無を見分けることができるという。
公開された実験映像を見ると、2つのシャーレの中央に線虫100匹を置き、
隅の方にがん患者の尿と健康な人の尿を数滴たらす。1時間後、がん患者の尿の周りには
線虫が集まったが、健康な人の尿には線虫は集まっていなかった。
この画期的な発見のきっかけとなったのは食中毒だった。佐賀県の伊万里有田共立病院の
岡田英人外科部長がサバに当たった食中毒患者の胃の中を調べたところ、線虫のアニサキスが
寄生していた場所に未発見のがんを見つけたことだった。九州大の実験で使われたC・エレガンスは、
アニサキスと同じ線虫の仲間だ。 がん患者の呼気や尿に独特のにおいがあることは以前から知られており、
「がん探知犬」の研究もおこなわれていた。ただ、イヌは訓練するのに時間がかかり成果は得られなかった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

精度 95.8%とは、すごすぎます。

しかも、発見したのはキーストンからほど近い、伊万里有田共立病院。


アニサキスは、釣り人からは恐れられている存在。

この時期釣れる玄界灘のスルメイカには、けっこう寄生しています。

他には、青物系の魚にも。


もしかしたら今後、健康診断の尿検査で、アニサキスを使い

ガンの早期発見が可能になるかも、ということですね。


そうなると、今後 アニサキスの需要が高まりますね。

アニサキスの養殖業が出てくるのか・・・?(^^;


アニサキスが必要な方いらっしゃいましたら、スルメイカいっぱい釣りに行きますので

遠慮なくおっしゃってください(笑)
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply