ブドウイカ いよいよスタート

2週連続、北東の風が強くなり 夜焚きイカ釣りは中止に・・・(>_<)


今年は、例年より北東の風が強くなるのが早く

毎年この時期に聞いていた「残暑」という言葉が

今年は、まったく聞きませんね。

Tシャツ+短パン+冷房 の3セットで寝ていた私は

ここ最近体調が悪く、風邪気味・・・苦笑

さすがに、ロンT+短パン+冷房OFF に変更しました。


北東の風が強くなると、アゴ(トビウオ)が風に押され

長崎平戸や佐賀呼子では、アゴを追ってシイラが防波堤から釣れます。

沖では、カツオや青物でにぎわいますが

夜焚きイカ釣りファンは、これからが面白い季節になります。


秋の夜焚きイカ釣りのメインターゲットとなるのは

DSC03089.jpg

ぼってりとした、ブドウイカ。

ケンサキイカと何が違うのか、よくご質問を頂きますが

詳しくは、ブドウイカ釣り特集ページをご覧ください。→http://www.keystonebrand.jp/pages/budou/

201201_20150918124742383.jpg

通常のケンサキイカと比較して、足が長くて太く、胴が短く肉厚。

玄界灘の漁師さんは、「ブトイカ」と言われる方が多いです。


実は、最新の情報では玄界灘でブドウイカが釣れ始めており

まだ、本格的に釣れ始めた感じではないけど

全体の1割程度、混じり始めているとのことです。

ブドウイカ最盛期になるのは、10月以降かと思います。

今期はなんとか4回くらいは、ブドウイカ釣り行きたいものです。


合わせて テスト開発が止まっていた、早福型Sサイズ&ケンサキSP3.5号

進めなければ・・・
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply