プロフィール

くぼけん

Author:くぼけん
キーストンスタッフくぼけんです。
エギング、シーバス、アジング、船釣り、磯釣り、投げ釣り、オフショア・・・
釣りならなんでもこなします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

2016.01.31    カテゴリ:  早福型/邪道編 

   エサ巻きエギングと電気浮き仕掛け

もう今日で、1月も終わり。

ついこの前、福袋がどうとか、正月太りがどうとか言ってたはずなのに

時が経つのは早いものですね。


工場の方は、この1ヶ月フル稼働で邪道編生産していましたが

まだまだ2月も続けて作り続けないと、まったく足りそうにありません。。。

最近では、佐賀新聞に邪道編が載っていたらしく、エサ巻きエギングブームの兆しが。

http://www.saga-s.co.jp/news/culture_ent/10309/273025


前回の釣行で早福型や早福型/邪道編を使った

「電気浮き仕掛け」と、エギングスタイルの「エサ巻きエギング」

どちらもやってみましたが、久しぶりに電気浮きを使った仕掛けでやってみて

感じたことがありました。

backdrift.jpg

この図を見て頂ければわかると思いますが、

イカが浮いている場合や、海面を意識している場合は

電気浮き仕掛けが有利な場合があります。

ただ、底付近にイカがいる場合は、電気浮き仕掛けでダイレクトに狙うのは難しい。


先日の釣行では、活性の高いタイミングでは電気浮き仕掛けで

コンスタントにきましたが、ちょっと活性が下がると

電気浮き仕掛けに反応しなくなり、邪道編単体のエサ巻きエギングにかえると

コンスタントとはいかないものの、底付近でのHITも。


そう、電気浮き仕掛けでは拾えないイカを

エサ巻きエギングだったら、拾うことができる。


イカが浮いていても、沈んでいても

流れが緩くても、速くても

水深が浅くても、深くても

イカのいる棚がわかっていなくても


邪道編を使ったエサ巻きエギングだったら、全てに対応し

答えを探してくれる。


やはり、この時期のヤリイカ、ケンサキイカ、スルメイカ釣りには、かかせないな、と。


電気浮き仕掛けにも、良さはあるんですが

準備の大変さ、トラブルの多さ、飛距離、

トータルで考えると、エサ巻きエギングが有利かな。


それから、3.5号というのが重要で

2.5号、3.0号となると飛距離も落ち、風の影響を受けやすくなり

流しにくくなる。

4.0号だと、大きすぎる。

やはり3.5号。


他にも、グローも大事。素材の発泡ウレタンも大事。餌を乗せた際のバランスも大事。

詳しくは→http://www.keystonebrand.jp/pages/products/sasaika/

早福型/邪道編が年々支持を集めている理由は、やはり釣れるから!でしょう!


さて2月は、一番釣れる最盛期。

邪道編で、楽しいイカ釣りを!
スポンサーサイト
こんばんは、昨日生月に遠征してきました。
満潮が0時30分で到着したのが21時30分で22時から釣り開始。
爆風、土砂降りのためエギングをあきらめスッテ1本、邪道エギ電気浮き仕掛け1本で挑みました。
結果から言うと、4時間でスルメイカ31杯、ケンサキイカ1杯でした。
入れ食いだったためイカを絞めている間に、もう一本の竿にもヒットして収集がつかなくなり、
竿をあげれない間にラインを3度も噛み切られスッテ2個と邪道エギ1個をロストしてしまいました。クーラーが満タンになったため強制終了となりました。
棚は1mから2mでした。ライトで海面を照らすと小魚を追ってるイカがたくさんいました。
港内に大型の船がたくさん停泊していて、かなり明るい照明を点けていたので小魚が寄っていたのかもしれません。

自宅に帰りクーラーの中を見ると、底に入れてた氷に近いイカの状態はいいですが、蓋に近いところのイカは鮮度がかなり落ちているように感じました。

>BENさん

貴重な情報ありがとうございます!
大漁うらやましいです(^^)

大型船が、時化により港内に避難している時は
作業灯をつけてますので、ベイトが寄り易く
けっこういい場合が多いです。

またクーラーの件ですが、氷を一番下に入れていても
その上にイカを乗せると、冷気を遮断してしまい
上の方のイカはまったく冷えない為、こういうことがおこります。
袋やジップロック等に入れ、上下から冷やす等の対策が必要ですね!







トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © キーストン くぼけんブログ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog