モンスターチューンの開発を振り返る

ここ最近、お問い合わせが増えてきている


モンローエギ・モンスターチューン。


今年は、すでに屋久島や和歌山で

5キロオーバーのレッドモンスターが捕獲されており

かなり期待出来る年ではないかと思います。

沖縄もそろそろ、エジングのシーズン突入ということで

モンローエギ・モンスターチューン生産を急いでおります。


キーストンでは、開発とテストを重要視しており

このモンスターチューンも当然、試作とテストの繰り返しでした。


そもそも、4キロ5キロの大型アオリイカを

水深の深い場所から釣り上げるわけで、既存の3.5号や4.0号では

当然、太刀打ちできません。

2013042402.jpg

2013042401.jpg


テスト段階で、何度 針を曲げられ逃げられたでしょうか。

何度、傘針のリングを破壊され逃げられたでしょうか。

何度、ボディを破壊され逃げられたでしょうか。

040000.jpg


破壊されないように、貫通ワイヤーがいいのでは

との意見も、開発段階で頂いてましたが

傘針の内径に合わせた、極太のステンレスシャフトを採用すると、粘りがなく

横抱きの多いレッドモンスターターゲットでは

どうしてもボディ側に負荷がかかりボディ亀裂、破損の原因となり

断念しました。また、ステンレスは重量がありますので

エギに重要な、浮力がなくなってしまいバランスをうまくとれない事も断念した理由の一つ。


シャフトに関しては、こういった理由により極太のカーボン製を採用。



また、横抱きが多く瞬時に歯を入れるレッドモンスターは

12705770_672456609523372_2031852735351945984_n.jpg

ボディが、すぐにこんな状態になってました。

水深50m以上から、3キロ、4キロ、5キロのアオリを

PE0.8号で上げてくるんですから、浮いてくるまでに

めちゃくちゃ時間かかります。

横抱きの状態で、ガッチリ抱き込み、カミカミしながら上がってきたら

当然、写真のようになっちゃうでしょう。

こうなると、ボディ破損の原因になってしまいます。

では、硬いプラスティックがいいのではと言われそうですが

ティップラン用を含め、発泡ウレタン製のエギが数々の実績を上げてきている事

を考えると、発泡ウレタン製にこだわりたい。


開発当時、沖縄の赤侍氏より、もっとボディ強度を出せないかと

幾度となく意見を頂き、悩みに悩み・・・



そこで考えたのが、硬質発泡ウレタン製ボディを

超硬質発泡ウレタン製にするということ。


すでにご使用頂いている方は、お気づきかと思いますが

現在製造販売中の、モンスターチューンは

その超硬質発泡ウレタンボディを採用することで

上の写真のように、ガッツリボディをえぐられることはずいぶん減りました。


その分、製造コストは増えましたが(^^;




とにかく、レッドモンスター捕獲には専用のエギやタックルじゃないと太刀打ちできないという事。


これから始まるエジング レッドモンスターゲーム。

ぜひ、モンローエギ・モンスターチューンで、夢のモンスター仕留めてください!



モンローエギ・モンスターチューン→http://www.keystonebrand.jp/pages/products/monroegimonster/
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply