プロフィール

くぼけん

Author:くぼけん
キーストンスタッフくぼけんです。
エギング、シーバス、アジング、船釣り、磯釣り、投げ釣り、オフショア・・・
釣りならなんでもこなします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

2016.04.04    カテゴリ:  イカ学 

   エギの下地の違い

もう4月。


はやいですね。


桜も満開。

桜鯛も乱舞。


水曜日、2カ月ぶりの釣りはさくら丸で、桜鯛狙い。

楽しみだな(^^)



先週末は、潮があまりよくなかったので

デカアオリよくないかな~と思ってましたが

各地で2キロ超え、3キロ超えでてましたね。

今年は、昨年以上に期待できそうな春のエギングシーズン。


シーズンもいよいよということで、エギの下地についてご質問がちらほらと。

ベテランの皆さまは、状況に応じたカラーローテーションというのを

ある程度、考えをお持ちで、カラーセレクトされているかと思います。


エギシャープシリーズなんか、全部で30色以上あり

3.5号、3.8号のV0、V0+、V1、V2、V3全部揃えようとしたら

320個になってしまいます。苦笑

1個税込¥1296ですので・・・¥414,720・・・汗

当然全色揃えるのは、困難。。。


購入時のカラーセレクトに悩まれる方、釣行時のカラーセレクトに悩まれる方へ

少しでもヒントになればと思い、個人的な考え方になりますがご紹介したいと思います。



まず、あまり知らない?知られていない?エギトリビアから。


エギの下地には、大きく分けて「テープ」と「箔」がある!!

塗装する場合もありますが。


よく、エギの下地を○○テープといいますよね。

赤テープとか、虹テープとか、金テープとか・・・


大手のエギメーカーさんは、ほとんどがこのテープを使って

下地を作られますので、○○テープと表現します。


しかし、キーストン製のエギ(他の一部メーカーさん)はテープを使わず、箔を貼り付けてますので

テープではないのです。だから、○○下地とか○○ベースと表現しています。


CIMG4026.jpg

キーストンでも、いろんな下地があり

大きく分けると「シルエット系」「反射系」「発光系」の3つ。



シルエット系は、レッドベース、グリーンベース、ブルーベース。


反射系は、ゴールドベース、クラッシュホロベース、シルバーベース、リアルホロベース、リアルベイトベース


シルエット系と反射系のちょうど中間、いいとこどりなのが、マーブルベース、メキシコRBベース


発光系は、ピンクフルグロー、イエローグロー、フルグロー




大きく分けて、この3つの下地になります。


私も何度も経験ありますが、カラーを変えて1投目にヒットすることよくあります。

ぜんぜん釣れていない中で、後から来たアングラーが、

隣に入り1投目にヒットするという、悔しい思いをしたことも何度かあります。


こういった時は、エギの違いや攻め方の違いもあろうかとおもいますが、カラーの違いが大きいのではと思います。


上記のことを考えれば、カラーセレクト、ローテーションは重要なのは間違いありません。


そういった理由により、個人的には釣り場でカラーセレクトする中で

なるべく同じような下地をカラーローテーションするのではなく

この3つの下地の違いをメインに考え変えるようにしています。


例えば、まずシルエット系のレッドベースで攻め、反応が無ければ反射系のゴールドベースで攻める。

それでも反応が無ければ、グロー系で。


もちろん、背中の色の違いもありますし、ホロの違いによる反射の違いもありますので

更に細分化すると何百通り、何千通り、何万通りのローテーション方法があるでしょう。


イカは、地球上の生物の中で体の大きさに対する目の大きさが一番大きいと言われています。

ダイオウイカなんか、目玉の直径50cm・・・

アオリの3キロくらいの目玉は、人間の目玉と同じくらいの大きさ・・・

人間サイズのイカだったら、人間の顔と同じ位の大きさの目玉・・・

そうぞうしただけで、おそろしい・・・苦笑


それだけ、視覚からはいってくる情報を大事にしているということです。


そういった理由により、カラーセレクトする時は

なるべく真逆の下地色を、メインに考えセレクトすることで

反応しなかったイカが、急に反応するようになる場合が多いのではと考えています。

適当にカラーセレクトするのではなく、こういった考えをもって

カラーセレクト、ローテーションしていくと、釣れた時の喜びも、ちょっと変わって来ます。



ぜんぜん釣っていない私が言っても、何の説得力もないと思いますが(笑)

一つの考え方として・・・
スポンサーサイト






トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © キーストン くぼけんブログ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog