イカメタルは8月がおもしろい

8月2日、夜焚きイカメタル行ってきました。

今回は、伊万里の寿裕(よしひろ)さんへ。
HP→http://yoshihiro1173.web.fc2.com/

一年ぶりです。

去年の釣行記事は
http://kuboken03.blog.fc2.com/blog-entry-428.html

DSC04345.jpg

今回、ハヤケン氏からの提案で

テストや、写真撮影といったことをメインにするのではなく

本気で数釣りましょう!


と、釣行前に言われたので

久々のやる気満々数釣りムードでやってみることに。



テストや釣り方の提案、ホームページ等で使う写真の撮影を

行うために、釣れる時間に写真を撮り、

いろんな仕掛けのセッティング、テスト商品、カラーをいつも試すので

そこに費やしている時間を、本気の数釣りに集中しましょう。と。



ということで、写真は少ないです(^^;




明るい時間帯は、底ベッタリが有利なのは間違いないので

鉛スッテ+浮きスッテで攻めると

DSC04347.jpg

ん~ナイスサイズ!


明るい時間帯だけで、まずまずの釣果でした。


日が沈み、薄暗い状態のときは

スッテが見え辛いのか、食いが落ちましたが

その時間に飯!

DSC04348.jpg

最近の夜焚きではまっている、助六寿し。

普段は絶対買いませんが、なぜか夜焚きの時、助六を選んでしまう。

ちなみに助六寿しの語源を調べたら

――――――――――――――――――――――――――――
助六とは、歌舞伎十八番の一つ「助六所縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)」
の通称で、主人公の名前でもある「助六」に由来する。
助六の愛人は吉原の花魁で、その名を「揚巻(あげまき)」という。
「揚巻」の「揚」を油揚げの「いなり寿司」、「巻き」を海苔で巻いた
「巻き寿司」になぞらえ、この二つを詰め合わせたものを「助六寿司」
と呼ぶようになった。
――――――――――――――――――――――――――――
らしい。

助六の愛人の名が揚巻だったから、助六寿しになったと(^^;

ならば次回の夜焚きのときも、助六さんに助けてもらおう。

水「揚」げが大漁で、「巻」きあげるのもたいへんなくらい釣れるように。(笑)





余談はさておき

ライトが効き始めてからは、怒涛の入れ乗り!!




DSC04352.jpg

この日は、強烈な2枚潮でしたので

鉛スッテは20~25号をメインに使用しました。

カラーは、なんでもあり。

若干色の濃いシルエット系(赤緑)の反応は鈍かったような?


赤イエローは、相変わらずの好乗り。

DSC04354.jpg

イカメタル仕掛けではサイズはバラバラでしたが

「あるタイミング」

で中オモリ+早福型に変えると良型連発。
(スミマセン。良型入れ乗り中は、時間勝負なので写真撮ってませんm(_ _)m)



その「あるタイミング」とは

2つあります。

(1)鉛スッテに反応が良かった棚で、急に鉛スッテに反応しなくなった

(2)胴付き仕掛けの方に良型が釣れた


この2つのタイミングの時に、中オモリ+早福型を入れると

良型が連発。

この日は、(1)と(2)が同時のタイミングがあったのですが

やはり良型連発。


この1年くらいで、中オモリ+早福型を使うタイミングを

いろいろと考えてきましたが、ようやく答えが出つつあります。


想像なのですが、小型~中型サイズは

好奇心旺盛で活性も高いので、我先にベイト(スッテ)を襲うけど

良型は、そうではなくてスイッチが入ったタイミング&船に寄って来たタイミングで

小型~中型サイズのイカをけ散らしているのではと。


ビビった小型~中型サイズは、活性が下がる もしくは

大型から逃げるように棚をかえているのでは、と。


そのタイミングで、大型サイズが鉛スッテにも反応する場合もありますし

胴付き仕掛けにも反応するときもありますが

明らかに、早福型のスローな動きが大型には効く。


そのタイミングをつかむのが重要で

(1)と(2)の条件が無い中で、中オモリ+早福型を入れても

なかなか大型は釣れない。

この日、何度も実感しました。



隣の胴付き仕掛けの方に良型が釣れたタイミングで

中オモリ+早福型仕掛けに変えてやると

良型連発。良型が反応してきた棚に再度落とし

ピンポイントの棚を誘うと、またもや良型HIT。

これを釣れなくなるまでやる。


釣れなくなったら、イカメタルへ変更。


このパターンを繰り返していたら

気が付けば、アルミ製イカ用トロ箱(類似品にご注意ください!)Lサイズ3段満タン!


DSC04358.jpg

ハヤケン氏も、数釣りに集中し

トロ箱3段満タン+上段はあふれかえり

130杯超え


久々腱鞘炎になるかと思うくらい、手首やばかったです(^^;

胴付きの方も釣れていましたが80杯ほどだったようです。



魚探の反応は

DSC04360.jpg

30~35mにベイトが固まり、その前後にイカがいっぱい

そんな反応でした。


この反応の時は、よく釣れますね。



さて今季は、あと何回いけるかな。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【2016年のイカす釣果】

烏賊釣行回数 6回

・ケンサキイカ     196 ハイ
・ヤリイカ(ササイカ)  0 ハイ
・スルメイカ(ガンセキ) 13 ハイ
・コウイカ        0 ハイ
・アオリイカ      8 ハイ
・ダイオウイカ      0 ハイ
合計         217 ハイ

年間目標1000ハイまで、あと783ハイ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply