プロフィール

くぼけん

Author:くぼけん
キーストンスタッフくぼけんです。
エギング、シーバス、アジング、船釣り、磯釣り、投げ釣り、オフショア・・・
釣りならなんでもこなします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

2017.03.09    カテゴリ:  イカ用トロ箱 

   アルミ製イカ用トロ箱マルチプレート詳細

先日、ご案内していました アルミ製イカ用トロ箱マルチプレート。

詳細が決まりましたので、ご案内します。


title2_20170309093528fba.jpg

今回のマルチプレートは、新規性が認められそうで

意匠登録出願済です。


考えに考えた形状で、微調整を繰り返し、ようやく発売まできましたので

今回はパクらないでくださいね m(_ _)m  苦笑


10.jpg



役割は2つ。


「フタとして使用」

11_201703090935310a2.jpg

アルミ製イカ用トロ箱発売時より、フタの販売を希望される方が多く

個人的には当時、あまり必要ないのではと考えていましたが

使えば使うほど、フタの必要性を感じてきました。


08_2017030909430147a.jpg

写真のようにある程度、トロ箱がイカでうまってしまった場合

上部のトロ箱に入れているイカは、クーラーの開け閉めが多くなると

なかなか冷えづらくなる。

先日の記事で書いた通り、アルミの熱伝導は

同じアルミであれば外気にあまり影響を受けることなく伝導していることが解析によりわかったので

このマルチプレートを使用することで、しっかりとイカを上部からも冷やすことが出来る。


また、マルチプレートを使用することでプレートの上にモノが置けるようになる。

食べ物、飲み物はもちろん、夏場の高温期に上部に保冷剤を置き

より効率的に冷やすこともできるようになる。



もう一つの役割「底上げとして使用」

12.jpg

フタのご要望を頂く中で、もうひつとつ悩みの種だったのが

氷の溶けた水による浸水でした。


釣っている最中は、極端に氷の溶けは無いし、水栓を開けとけば排水できるので

イカが浸水することまではないが、釣り終わりから寄港し、車で帰宅、帰宅後寝ている時間の(5~8時間)

の間に氷の溶けが進行し、いざ食べようとする時には

下段のトロ箱が浸水していることが、夏場に何度かありました。

その為、浸水対策としてペットボトルを凍らせ下に敷いたりしていましたが

片側に寄ってしまい、もう片側が斜めになり浸水していたり・・・


この浸水対策を何とかしなければと思い

ご要望の多かった「フタ」としての役割と「底上げ」としての役割

2つの役割を果たす、マルチプレートを考えました。


一部、お問い合わせいただいていた方には、昨年6月から夏場にかけて

発売出来そうですと、ご案内しておりましたが

意匠登録書類作成に時間がかかり、ここまで遅くなってしまいました。m(_ _)m


今回のマルチプレートは、トロ箱本体と同様に

腐食に強い「アルミ合金A5052」を素材に採用し

更に耐食性を上げるため「アルマイト処理」を施しています。


金額等の詳細は下記となります。

―――――――――――――――――――――――――――
・Sサイズ用マルチプレート:価格:税別¥5,200(税込¥5,616)

・Mサイズ用マルチプレート:価格:税別¥5,700(税込¥6,156)

・Lサイズ用マルチプレート:価格:税別¥6,200(税込¥6,696)
―――――――――――――――――――――――――――

3月中旬から下旬発売予定です。

現在ご予約承り中です!


よろしくお願い致します。
スポンサーサイト






トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © キーストン くぼけんブログ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog