毎年恒例 キーストンスタッフ夜焚きイカ釣り研修 IN 山口県長門 北瀬丸

毎年恒例、キーストンスタッフの夜焚きイカ釣り研修。

今回は、山口県長門市仙崎より出船の「北瀬丸」さんにお世話になりました。


北瀬丸さんブログ→http://hokusemaru6408.blog.fc2.com/

IMGP0689.jpg

今年、船を大きくされ、集魚灯も明るいメタハラが3灯ついてます!

トイレも完備!

MAX8人くらい乗れるようになりました。

DSC_0113.jpg

帰港後に、真水でタックルついた塩分を流して頂き

そんなちょっとした心遣いが、うれしいですね。

IMGP0701.jpg

陽気な船長(笑)ではありますが、非常に研究熱心で

頼りになる船長です。

山口県内ではイカメタルおすすめ遊漁船!

10月いっぱいまで楽しめるかと思いますので、ぜひ行かれてみてください。


さて、この日は北東の風が若干強く、うねりが多少あり釣り辛い感じはありましたが

さすが、仙崎沖!さすが北瀬丸!


釣れるは釣れる・・・


ちなみに2015年の同じ日乗船した際は

DSC04097_201708171659153d8.jpg

乗船前にスパイシーなカレーを食べて、ノックダウンだったハヤケン氏(笑)

を除いても

DSC04115_20170817165916f60.jpg

1人50~60杯の釣果でした。

釣行記事はこちら→http://kuboken03.blog.fc2.com/blog-entry-432.html


2014年の同じ日は

DSC03654_20170817165913cfc.jpg

やばいくらい入れ乗り!!

1人80~100杯程度。

釣行記事はこちら→http://kuboken03.blog.fc2.com/blog-entry-344.html

先に書いときますが、今回の釣行は過去の釣行を上回る釣果でした!!


IMGP0729.jpg

鉛スッテもいいけど、やはりエサ巻きエギ早福型強し!

IMGP0751.jpg

DSC_0103.jpg


IMGP0708.jpg

同船の稲田さんも、掛けまくり!

気がつけば、デッキ上は墨まみれ!!!

IMGP0754.jpg

途中、ソデイカ(タルイカ)まで登場し

IMGP0722.jpg

IMGP0706.jpg

終わってみれば

IMGP0765.jpg

1人100~150杯と爆釣!!

IMGP0760.jpg

キーストン製 アルミ製イカ用トロ箱 もフル満タン!

後半の小型サイズは、全てリリースしました。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※すでにご存じの方も多いですが、キーストンのアルミ製イカ用トロ箱に非常に酷似した商品が出回っていますのでご購入の際はご注意ください。他社製の商品とどう違うのか、よくご質問頂きますが、キーストン製トロ箱は「安全性」、「衛生面」、「耐久性」にこだわって作っています。その点をぜひ、比較ご検討ください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「何をやって何を使っても釣れる日」に近かったのですが

この日は、イカメタルで様子を見ながら、エサ巻きエギ早福型の

じっくりフォールで中型~大型の数釣り!


そんな日でした。


キーワードは、「小型の群れの5~10m下を早福型でじっくりと探る」

底付近は、おそらく真鯛等のイカを捕食する魚がうろついていたようで

ほとんど底付近ではHITせず、底から10mほど上から釣れてました。


あまりに釣れすぎて12時頃にはクーラーに入りきれなくなり

早上がりで撤収!


楽しく、有意義なスタッフ研修となりました。



この日、好調だった中オモリの仕掛けは

61_201707031322115d0.jpg

こんな感じです。

早福型を使ったオモリグ 中オモリ仕掛けは

ティップが繊細なロッドを使うと

「前あたり」、「触ったあたり」が明確にわかります。

しかし、警戒心の強い大型のケンサキイカは

そこで合わせても乗らない場合も多く

そんな時は、アタリがあってから30秒以上待つことが重要。

それから、中オモリ~早福型までのハリスは5~6号が理想。



ぜひ試してみてください。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply