玄界灘夜焚きイカメタルゲームIN伊万里 寿裕(寿風)

先日伊万里 久原から出船の寿裕さんにお世話になってきました。

寿裕さんのHP→http://yoshihiro1173.web.fc2.com/

つい最近、2隻体制となったようで

今回は新しい船(寿風)で出船でした。


新しい船は、まさに【遊漁船仕様】

船室は広々で、エアコンまで完備。

快適な釣りが楽しめます。


さて9月の夜焚きは、過去に何回も行ってますが

ポイントが切り替わる時期で、当たりはずれが多い時期になります。

過去の9月の夜焚きイカ釣行記は↓

・2014/9/16 呼子吉栄丸http://kuboken03.blog.fc2.com/blog-entry-357.html

・2012/9/4 呼子吉栄丸http://kuboken03.blog.fc2.com/blog-entry-118.html

過去の記事を見返すと、おもしろいことやってたな~と(笑)

早福型にこんにゃく乗せて、釣れるわけないじゃん!

と今では突っ込みたくなるが、当時は歯ごたえさえよければ

釣れると思ってたわけで・・・(笑)

エサ巻きエギに乗せるエサは重要ですよ!!!



過去記事を見てても、9月になれば100ハイ超えは難しくなる。

水温の低下とともに、今まで釣れていたエリアよりも、若干沖合いにポイントが移動し

玄界灘ではケンサキイカが亜種のブドウイカに切り替わってくる。

それに伴い、水深が50~60mから

80~110mと深くなる。


この日も、水深が100m前後。

まだまだ海面水温が高いこともあり、2枚潮が激しい。

水深100mで2枚潮が激しいとか、イカメタルには結構致命的条件。。。


同船者10名中 私とハヤケン氏以外は全て胴付き仕掛けの方。


こんな条件だと、どうなるかわかりますよね。

おまつり祭り (;´Д`)



底まで落としたくても、絡まるので落とせない。

隣の方の糸の入り方を見ながら常に釣りをしないと行けなくて・・・


隣の胴付きの方は、推定PE6号、オモリ80号

仕掛け投入の時は、どんどん私の方へラインが流れてくる・・・

仕掛けが底に付き、電動自動巻き開始。

底潮は逆向きなので、ラインが戻っていく。


そのタイミングで投入しないと、絡まる。


そこまで気を使わないといけない日となりました。

底を攻めたいのに、攻めれない

ストレスたまりまくり(笑)


浮いてきた活性の高いイカをぽつりぽつり拾い釣り


IMGP1200.jpg

DSC_0039.jpg

IMGP1213.jpg

邪道サイズダウンプロト。

釣れるんだけど、まだまだ調整が必要です。


この日、イカの活性が低く、胴付きの方は10~20ハイ前後

私とハヤケン氏は35~40ハイ。


若干イカメタルに軍配でした。



最近よく、

「9月になったら夜焚きイカ釣りは終わりでしょ?」

と質問されますが、まだまだいけます。

特にこれからは、更に甘みが強いブドウイカが狙えます。


ブドウイカってケンサキイカ(ヤリイカ)とちがうの?という方は下記をご覧ください。

title4.jpg
https://keystonebrand.jp/pages/budou/

他にも、アオリイカも狙えるし、50アップのアジも狙える。

これからの夜焚きのほうが個人的に好きです。


さて、キーストンフェイスブックでは、すでに紹介していますが

キーストンの第二工場が今月末~来月には完成します。

今週末には最新の5軸マシニングセンタを導入!!


これで、開発&製造能力が大幅にアップし、今までたまっている

開発商品をどんどん前に進めていきたいと思います。


スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply