FC2ブログ

イカ1本釣り漁師勉強会

わすれもしない2年前の熊本地震。


そして今朝の大阪での地震。

自然災害はいつ起こるか、どこで起こるかわかりませんが

災害に対する備えは、ほんと重要だなとあらためて感じました。

被災された皆様にお見舞い申し上げます。


ここ数年だけでも、地震や火山の噴火が続いています。

ほんと心配です。




さて、先週は年に一度のイカ1本釣り漁師のもとへ勉強会に行って来ました。

DSC_1639.jpg

最終プロトのモンローエギ2.5号夜焚きチューン

シンカーの重量を変更し、新しいものを装着したのですが

ボンドが乾かなかったので、車内でエアコンの風をあてて乾燥!

港についたころには、ばっちり乾いてました(^^)



毎年お世話になっていますが

DSC_1640.jpg

平戸早福港から出船の凄腕漁師さんのもとで勉強勉強!


イカ釣りの考え方、イカの扱い方、スッテに求めることなど、様々なことを毎年学んでます。


今年は、ケンサキイカのシーズンスタートが約1か月遅れ

どうなることかと思ってましたが、平戸沖は5月以降は例年通り釣れています。


この日も1投目から

DSC_1654.jpg

サイズは小ぶりながらも幸先の良い1杯!

モンローエギ2.5号 夜焚きチューン フルグローホワイト プロト!


その後も

DSC_1655.jpg
グリーンベースパープル プロト。

DSC_1660.jpg

イエローグローグリーン プロト。


まだ明るい時間帯なのに、コンスタントに釣れました。

この時点では、漁師さんと互角!


しか~し、ライトがついてからは、漁師さんが5ハイ釣る間にわたしが1ハイ

そんなペースに(^^;

水深は約60m

底から誘い合わせてきて、30mラインにくると

「ガッ!!」

というあたり。



正体は





DSC_1675.jpg

カナトフグ。正式名称はシロサバフグ。

今年は数が多いらしく

平戸沖~玄界灘ではすでにカナトフグ数も多く、高活性(^^;

漁師さんや漁協から多数情報頂いてます。


今年の夜焚きは、対策が必要ですね。



モンローエギ2.5号 夜焚きチューンでもそこそこ釣れたのですが

やはりエサ巻きエギ早福型 強し!

DSC_1661.jpg

漁師さんもよく釣られていました。




終わってみると、漁師さんは軽く100ハイ超え

わたしは34ハイ!!!

DSC_1682.jpg

漁師さんは大型中心に釣られてました。

早福型→中型から大型

スッテやエギ→小型から中型




早福型に乗せるエサも、今回いろいろ試しましたが

ダメなものは、ほんとダメでした(^^;


キビナゴがやはり一番でしたが

すごく勉強になったことが・・・


早福型に巻いているエサが、ちょっとだけかじられただけで

すぐにエサを交換されていました。


いつも面倒で、相当ボロボロになるまで使い続けているので

すぐに交換されていることに気がつき、話をしてみると


「ケンサキイカはエサもよく見ている。新しく巻きなおしたらすぐに釣れることがよくある。」

「見た目もだけど、においとかも影響してるのかも」


なるほど、と思いました。

面倒だからとか思わず、こまめにチェックし、交換が重要です!



それから、エギやエサ巻きは「安定したフォール」が大事という事。

エギのバランスが悪かったり、エダスに癖がついていたりして、フォールが安定していないと

見切られることが多くなります。

漁師さんもエダスに癖がついていると、すぐに交換されてました。




今回テストを続けているモンローエギ2.5号 夜焚きチューンは

このフォールの安定性も重要という事で開発進めていますが

安定したフォールの鍵を握るのが、「エダス」です。

今までいろんな種類のエダスを試して来ましたが

理想的なのは、張りのある固めのハリスです。


DSC_1633.jpg

今回、新商品のこのハリス(サンラインさんのエステルハリス)使ってみましたが

オモリグ(中オモリエギング)には、バッチリでした。

以前は、フカセ等で使う柔らかめのハリスの方が

自然なフォールが出来るだろうと思って使ってましたが

アタリもわかりにくく、クセもつきやすく、フォールが安定していないことに気がつき

2~3年前から、固めの船ハリスを使うようになりました。


エステルラインはフロロカーボンに比べ、張りが強いので

エギのフォールが非常に安定します。

また感度も抜群。

そんな思いで、今回使ってみましたが 今からこれにします!!

現時点では、イカメタル&オモリグには一番理想的なハリスですね。


個人的にはオモリグ使用なら、4号もしくは5号がおすすめ。


さて明日は、呼子吉栄丸さんで行って来ます。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply