プロフィール

くぼけん

Author:くぼけん
キーストンスタッフくぼけんです。
エギング、シーバス、アジング、船釣り、磯釣り、投げ釣り、オフショア・・・
釣りならなんでもこなします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

2012.01.26    カテゴリ:  未分類 

   エギング豆知識「大分型と山川型」

ども!くぼけんです。

エギングを初めて、私もいつのまにか9年目を迎えました。

果たして2012年は、どんなイカに出会えるのでしょうか。

今年は久々2kgオーバー狙いますよ!!!!!

DSC00830.jpg


エギングにはまって、エギングの知識はある程度ついたと思うのですが

エギの知識はまだまだだと思ってます。


私の知っているエギ知識の中で、「エギングに向いているエギの形と、その歴史」について


意外と知らない方が多いと思いますのでちょっとご紹介。私も去年知りましたが(^^;


それは「大分型と山川型」についてです。


全国には地方によって様々なイカの釣り方があり、それに合わせて様々なエギの形状があります。

シャクリを多用するエギングにおいて、向いているエギの形状が

「大分型と山川型」であった事から、この2つをベースに

シャクリ用のエギが開発、発売されていった歴史があります。

しかし現在市販されているエギのほとんど(くぼけん調べでは約95%)は、大分型をベースに作られています。

キーストンエギの中では、エギシャープやプラプラが、大分型ベースです。

山川型ベースに入るのが、モンローエギです。

大分型の特徴は、全体的にスリムでシャクリ抵抗が少なく、流れの緩やかな場所やシャローエリアでも

対応可能なフォール速度、角度であった為、多くのメーカーがこの大分型をベースに

エギを開発、発売していったのです。

一方山川型は、ヘッド形状はスリムであるが腰(ヒップ)部分が太く

リフトアップしていることにより、大分型に比べ抵抗が若干あり、浮力の重心が後方になることから

沈下角度がきつく、沈下速度が早かった為、流れの早い場所や、水深の深い場所では好まれたが

ショアからのエギングに向いている、大分型のエギの方が、好まれた経緯があるそうです。


そういった理由により、現在市販されているエギのほとんどが大分型ベースのエギになっていったのです。

しかし、山川型にもいいところはあります。ボディー形状により、潮乗りが良く

操作がしやすく、ボトムステイ時に大分型よりも、アピール力があることなど、

九州の南部(鹿児島や沖縄)では、好んで使う方が今でも多いのです。

山川型の特徴を理解し、現在の技術で沈下角度や速度を調整しバランスの良いものを作り出せれば


「大分型を超える、エギングに最適な山川型を作り出せる」


そういう思いもあります。

現在、山川型ベースで作成されているモンローエギを、更に調整を加え

現在のエギングに最適な山川型ベースのエギを開発しようと、現在進めていってます。

4月発売までに間に合うかな・・・がんばります。

以上、豆知識&開発ネタでした。
スポンサーサイト
  • http://s.ameblo.jp/kendai-fishing
  •  林 
  • 2012.01.26 16:19  
  • 編集 ]
3.8号や4号はラインナップされるでしょうか?僕も急流の釣り好きなので、シャープでも初めて使った時潮なじみにビビりました!更に潮乗りがいいエギ楽しみです!
初コメント失礼しました。
今度、エギングにも連れてって下さい。
呼子にアジ帰ってきましたよ。一緒に行きましょう!(*^_^*)
大分布巻きは有名ですね~
しかし山川豊も興味ありますね....
4月、間に合うといいですね~
一緒に行きましょう、akiちゃんは置いて(爆)

>林さん

初コメありがとうございます!!
4号タイプは、初代モンローエギ、モンローエギ2には規格がありました。
しかし、モンローエギはシャープと比べボディー体積が大きいため
重たいです(^^;
・シャープ3.5号V1・・・17g
・モンロー3.5号V1・・・19g
・モンロー4.0号V1・・・29g
今のところ、3.5号のみ開発を進めていますが、3.8号の規格も考えています。
おそらく3.8号V1は23g程度になるのでは?と思います(^^)
>akiさん

ぜひ4月以降、エギング行きましょう!
最近アジングは、呼子になかなか足が向きません・・・笑
人が少ない長崎方面ばかり、いっちゃうんですよね(^^;
>ゆうさん

おっ!さすがですね(^^)
ここ最近、仕事終わってからもエギのことで頭がいっぱいです。笑
シーズン始まったら、鷹島あたり行きますか!!






トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © キーストン くぼけんブログ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog