プロフィール

くぼけん

Author:くぼけん
キーストンスタッフくぼけんです。
エギング、シーバス、アジング、船釣り、磯釣り、投げ釣り、オフショア・・・
釣りならなんでもこなします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

2017.08.01    カテゴリ:  釣行記(船) 

   平戸沖のイカメタルはヤバかった!早福港 幸漁丸にて

先週は、沖縄から この方が佐賀へ来られました。

20232923_847487182093030_6104410465762151949_o.jpg

世界の赤侍 こと金城氏。

今回は来年のフィッシングショーの大まかな打ち合わせもあり

会社へ来られました。


すでにご存じの方も多いかと思いますが、来年2018年3月17日(土)と18日(日)に

昨年開催されました西日本釣り博が2年ぶりに開催となります。

前回に引き続き、2018年も西日本釣り博出展します!


詳細は西日本釣り博公式ページをご覧ください。


さて今回、打ち合わせともう一つ最大の目的が。

それは、平戸早福港から出船されている幸漁丸さんでのイカメタル

実は、2回時化で出船出来ず今回3回目でようやく乗れました。


DSC_0042.jpg

幸漁丸さんの紹介を少しばかり。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
http://kouryoumaru.jp/
ジギング船では全国的にも有名な遊漁船。
船長の人柄もあり、全国から平戸早福港にジギンガーが訪れる。
昼にジギング、夜はイカ漁をされているが、その漁の中で
長年キーストン製品をご使用いただいている。
また、若船長(船長の息子さん)が平戸ナンバーワンのイカ一本釣り船で
数年修業され、今年から本格的にイカメタル中心に遊漁を開始されている。
イカメタルの遊漁を始めたばかりといっても、そこはプロ漁師。釣らせる腕は言うまでもない。
私も北部九州を中心に様々な夜焚きイカ釣り船に乗ってきたが
ポイントセレクト、船の流し方、イカの管理、おもてなし
どれをとってもすばらしく、夜焚きイカ釣りファンの方にはぜひ乗ってもらいたい船である。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

DSC_0043.jpg

操舵室の端には、使い込まれた早福型が。


この日の参加メンバーは

下関から稲田さん、福岡からmasaさん、沖縄から金城さん

キーストンからハヤケン氏と私の計5名

20376172_1022198491215847_331867733624835748_n.jpg

表層から15mくらいまでは水温29度。

それより下は25度程度と、その差4度。

ここまで水温に開きがあると、2枚潮が強烈です。


毎年この時期になると2枚潮が激しくなり

同船者同士のライントラブルが多くなるのは、この水温差によるものが多いです。

このトラブルを考えても、イカメタルはイカメタル専用船に乗りたいですね。


さて、この日は1投目からイカノリノリ。

船長がシーアンカー投入ギリギリまでポイントセレクト調整をされたこともあり

終始イカのアタリがとまりませんでした。

1501014292147.jpg

ハヤケン氏は、キーストンKS鉛スッテと、硬質発泡浮きスッテでイカノリノリ。

赤侍氏は、KS鉛スッテとケンサキSP&早福型で。

20374225_1246026108859872_7871759771325089935_n.jpg


とにかくHITがとまりません。


1501014280740.jpg

私は、通称オモリグ 中オモリ+早福型で大型狙い。

20374484_1246022365526913_2962627680492406607_n.jpg

中型~パラソルサイズばかり。

最終的には

1501014235915.jpg

ええっと・・・・


やばいくらい釣れました(^^;

鉛スッテ中心でやったハヤケン氏、稲田氏は200杯オーバー


前情報から、ある程度釣れるだろうとは思っていましたが

まさかここまで釣れるとは。


長崎平戸沖のイカメタル やばいです。

幸漁丸さん 釣れすぎて やばいです。



ちなみに、今回は仲間内での釣行だったので

船の大型イケスを使用しましたが

港に帰ってくるまで、ほとんどのイカは

20597172_1022198447882518_8257135709118749766_n.jpg

しっかり生きてました。

水温が高くなるこの時期は、イカを長時間イケスで活かすのは

難しいですが、そこはさすがのプロ漁師。

活魚での水揚げもされているので、水温や酸素

弱ったイカを早めに選別し、他のイカに影響を与えないようにする管理は

すばらしいの一言。


途中、新鮮なイカ刺しや、イカの炙り刺し(←これうますぎ!)、ムギイカの地獄焼き

と船長がふるまってくれました!


いろんな遊漁船のってきましたが、幸漁丸さんは完璧すぎました!


しかも1人から出船可能。

1人の場合は ¥15,000
2人以上の場合は ¥12,000

1~3名程度の時は、イカ漁も合わせてされるとのことで

プロのイカ漁を見ることもできます!


ぜひ平戸早福港から出船の幸漁丸さんでのイカメタルチャレンジしてください。

詳しくは  http://kouryoumaru.jp/ より。



当日の動画を赤侍氏が編集してくれてますのでご覧ください。

2017.07.21    カテゴリ:  エギシャープ 

   エギシャープの新色

20140126_1014335858668777_2651379400497508794_n.jpg

さて、エギシャープの新色を今回3年ぶりに追加しました。

先行発売という事で6月末から、キーストンダイレクトショップで販売しておりますが

ようやく一般発売の準備が整いつつありますので

8月上旬頃より出荷と、通販での販売開始になりそうです。


今回の新色は、刻々と変化する「釣れるエギカラー」を

「現時点でのキーストンの答え」としての発売です。




「売れるエギ」と「釣れるエギ」

開発を担当している身として、非常に難しいのがコレ。

特徴があって発売当初は爆発的に売れるが

2~3年たつと売れなくなる、最初だけ「売れるエギ」


逆に、発売当初はあまり売れなかったが

「釣れるエギ」として徐々に人気が上がり

「釣れるから売れるエギ」に変化するエギもある。

ただし、エギ市場にあふれかえっているエギの中でほんの一部。


理想は「売れるエギ」を開発、発売し

さらに「釣れるエギ」として変化するのが、メーカーの目指したいところ。


今回のエギシャープ新色は、そんな思いが詰まっています。

通常新色を5色追加するとなれば、売れそうな派手なカラーを

普通のメーカーなら3~4色は入れるでしょう。


でも、今回派手なカラーは一切なし。

キーストンは普通じゃないからですね(笑)



派手なカラーは釣れないと言ってるわけではなく

エギシャープのカラーラインナップの中で

より選択肢を増やしたいという思いと

3年前、5年前、10年前と比較すると地味カラー(紫、緑、茶)の要望が

非常に増えていることもあり、この3年あ~じゃないこ~じゃないと

いいながら、テストを繰り返してきました。


今回、ダイレクトショップ先行発売にしたのは

長年ご愛用の方々から、直接ご意見をたくさん頂いたこともあり

感謝の意味を込めて、先行発売という形になりました。


本当はシーズンに間に合わせたかったのですが

既存カラーの製造にいっぱいいっぱいで

なかなか新色製造に手が回らなかったため・・・m(_ _)m


これからの夏イカ、秋イカ、冬イカにお試しください。



2017.07.14    カテゴリ:  釣行記(船) 

   イサキジギング初チャレンジ!

11日の夜、本来なら夜焚きイカ釣り行く予定が

うねりが残っているとのことで出船中止に( ノД`)

丸一日空いたので、何しようか~

っと思っていたところに1本の電話が。


「イサキジギング行きませんか」


最近人気がジワジワ上がってきているイサキジギング。


旬の魚をぜひ狙いたいという事で行って来ました。

お世話になったのは、お馴染み仮屋湾出港のさくら丸さん。


さくら丸さんブログ→http://ameblo.jp/sakuramaru315/


玄界灘でのイサキジギングなら、さくら丸船長第一人者ですね!

今まで、イサキを狙う場合大量の撒き餌を用意して

ズボ釣りで狙うのが一般的ですが

ジギングでも狙うことが出来ます。

撒き餌を食べていないので、一切撒き餌クサさがありません。


ただ、群れを見つけるのが難しくてですね~

操船はほんと難しいと思いました。


しかしそこは、連日イサキジギングで出船されているさくら丸さんだからこそ

ポイントセレクト、操船はぴか一!


20031877_1008984475870582_1131189341809675520_n.jpg


19990295_1008984522537244_625576815572781160_n.jpg

大漁とまではいきませんでしたが

半日では十分の釣果でした。

途中バラシは数知れず・・・

あきらかに獲れない青物らしきバラシもあり

楽しめました。


ジグに反応してくるイサキは、ウリボウサイズは一切来なくて

ほとんどが30cmオーバーの良型ばかり。

この日の最大は、なんと45cm。


イサキは、口が柔らかいのは有名ですが




19905180_1008984395870590_1344857507024183950_n.jpg

こんなバラシもありますので、気が抜けません(笑)


海面ポロリもありましたし。

なかなかスリリングで、また行きたい釣りでした!


帰ってからは、お楽しみにの


19961675_1008984599203903_1472971564342010106_n.jpg

イサキの炙り刺し、ヤズの刺身、サザエの刺身!

超ウマい刺し盛りでした!

19961291_1008984652537231_3624704556502340435_n.jpg

翌日は、イサキの塩焼きと、ヤズカマの塩焼き。


20046680_1008984699203893_1929845884552387363_n.jpg

もちろん日本酒も。

Mさん、ありがとうございます!!

魚料理には、最高にあいますね。

美味しくいただきました(^^)


さて、今晩は3日熟成させたイサキの刺身を・・・!!


あ~また日本酒がすすむ~~~~~!

2017.07.03    カテゴリ:  釣行記(船) 

   2017年 初夜焚きイカ釣り

先日行って来ました!


2017年 今期初夜焚きイカ釣り!


毎年、お世話になっている佐賀呼子吉栄丸さんへ。


IMGP0025.jpg

人気のイカ釣り船なので、ほんと予約取れません(^^;

ブログはこちら→http://blog.goo.ne.jp/yoshieimaru253

予約は、お早目に!



この日、6連続釣行雨でしたが、べた凪予報。

湖みたいにベタベタでした。

シーズン初期は、鉛スッテに反応があまりよくないのは

この数年の答えなので、この日は中オモリ+早福型 仕掛け中心で攻めました。

61_201707031322115d0.jpg

仕掛けは簡単。

この釣り方にはまる人急増中です。

「触った」「抱いた」「寄ってきている」

そんなイカからのコンタクトが非常にわかりやすく

おもしろいです。


DSC_0926.jpg

今回、ここに並んでいるカラーをローテーション。

この日反応が良かったのが

IMGP0046.jpg

以前サンプルで作った、ゼブラグロー。

なかなかの反応の良さでした。

DSC_0932.jpg

他のカラーもまずまずでしたが

ライトが、メタハラからハロゲンに変わって

極端に反応が良くなったのが、ホログラムシルバーの下地。

以前から、シルバーキング等シルバー系の反応が

夜焚きには強い場合がありますが

ハロゲンライトは、ギラギラシルバー系が非常に有効です。


ハヤケン氏もコンスタントに

IMGP0048.jpg

浮いてきたイカは、じゃy道編のV3で攻略。

DSC_0933.jpg


最終時には、40ハイ弱でしたが

初戦にしては上出来。


DSC_0934.jpg


明日4日の夜も行く予定でしたが

台風接近で中止に。


沖縄から赤侍氏 + 福岡からMさん + 雨男の私 = 台風

そうなりますよね(笑)

これで7釣行連続の雨という・・・



NEWレインの呪いは、とけそうにないな。。。

2017.06.27    カテゴリ:  釣行予告 

   2017年 夜焚きイカ釣り

20日ぶりのブログ・・・


すみません。


公私共に、まったく余裕がなく

パソコンの前にゆっくり座る

そんな時間は皆無。


これからシーズン最盛期ですから、工場もフル稼働

ダイレクトショップもテンヤワンヤ・・・。



ダイレクトショップでの業務も、限界を超えつつあります。。。

そろそろ イカ愛に満ち溢れた社員を募集しないといけませんね(笑)

イカ愛と、熱意のある方はぜひ、わたくしまで!!!



さて、今期初の夜焚きに、今晩行ってきます。

毎年お世話になってる 呼子の吉栄丸さん!

http://blog.goo.ne.jp/yoshieimaru253

人気がありすぎて、もう7月8月けっこう予約でいっぱい・・・汗

人気の夜焚きイカ釣り遊漁船ですので、ご予約はお早めに。





ちなみに今晩も、もちろん雨予報(笑)





これでレインを買ってからの6連続釣行 雨。。。






今晩は、試したい新しい攻め方があるので

釣果が良ければ、ご紹介したいと思います。


Copyright © キーストン くぼけんブログ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog